スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

買われすぎの市場と心配の過多。


さて、いろいろなブログを拝見していると「今の相場は強すぎる!」という意見が目立つようになってきました。


このブログでもちょこちょこ取り上げているように騰落レシオは結構高い水準にありますので、まあ当然といえば当然のことなのかなと思います。


僕としては強い市場だとなかなか手を出しにくいので調整が入らないかなあと思ってはいるのですが、保有企業に関しては割高ってわけでもありませんし、ストーリーは進行中ですからポジション解消はしていません。


売却したところで安値で買い戻せる保証なんてどこにもありませんし・・・我慢我慢です。


このような市場について大投資家はどう考えているのか。ピーター・リンチの著書をめくってみます。


『「株価は過大に評価されている」というのが弱気の投資家のここ数年来の叫びであった。~(中略)~以前どこかで述べたように、「買われすぎの市場はない」というのではなく、「それを恐れることはない」のである。』


『もちろん相場全体が高すぎるケースもあるにはあるが、それを心配してもそう役には立たない。選んだたった一つの銘柄が高すぎないかとか、あなたの投資基準に合わないのではないかというようなことで、十分代替できるポイントなのだ。』


(「ピーター・リンチの株で勝つ」、ピーター・リンチ著、ダイヤモンド社)


心配ばかりしていても仕方がなさそうです。調整時のキャッシュだけはしっかり確保して、市場に振り回されずコツコツとやっていくことにします(^^)。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

ほんとにここ数日の強さが
いまいち分からないです。
とは言っても、やすい位置にいるので
保有株は売るほどじゃないんですけどね。。

細かく予想するのではなく、なんとなく
相場にあわせて利益を取っていければと。。

No Title

こんばんは~
ほんと今日のkenさんが言うように過熱感漂おうが保有銘柄がっちり我慢のホールド体制・・
が長い目で見れば大事なんでしょうが・・我慢強くない自分は持ち株少しだけ利確して調整用の資金確保したりしちゃってます(汗

押し目待ちに押し目なしを覚悟しつつ・・

「ストーリーは進行中」 なんかいいフレーズですね~♪

コメントありがとうございます。

>こうへいさん
為替が円安に向かっていることが原因なんですかね・・・そのうち記事に書こうと思っているのですが、今年に入ってからは去年と異なりTOPIXが堅調ですので期待値はかなり高いのでしょうね。

コメントありがとうございます。

>まいけるさん
こんだけ強ければそうなりますよね・・・僕もキャッシュはしっかり確保です(笑)。

共感していただき、ありがとうございます♪

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。