スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

電子書籍が紙を超えるとき。


最近よく電子書籍についての記事を見かけます。


僕も興味深くその成り行きを見守っているわけですが、電子書籍は日本に上陸しても爆発的に広まることが予想されます。


コスト以外の問題で、電子書籍への疑問(すでに解決されているもの含む)を自分の価値観で考えてみました。


・目の疲れはどうか


・書き込みやラインマーカー(アンダーライン含む)などはできるのか


・付箋機能はあるのか(色づけ含む)


・パラパラできるのか


…まあ最後のは無理ですよね。


これらの条件をすべて満たせば僕としては「ああ、もう電子書籍かな」という気がします。


まあ紙の手触りも好きなので、すぐ乗り換えるかはわかりませんが。


それにしてもすべてが機械の中で片付くってかなりすごいことですよね。


改めて、自分は時代の大きな岐路にいるのかもしれないなと感じます。
Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

書籍の電子化は、私も普及すると思います。
本棚のスペースがなくなるメリットもありますし。

マンガも邪魔になるので買ってないのですが、
電子化されたら買いたいなぁと思います(^^)

No Title

今『電子書籍の衝撃』という本を読んでいますが、私も電子書籍はそろそろ検討に値する存在になってきました。

コメントありがとうございます。

>こうへいさん
確かに漫画なんかは邪魔になりますよね・・・電子化されたらがんがん買ってしまいそうで少々不安です(笑)。

>レバレッジ君さん
おお、そうなんですか。最近電子書籍が気になっているのでぜひともレビューを拝見したいです(^^)。

No Title

ホボ、PDFであれば、コピーペーストで読み物ファイルを作ることが出来ます。
紙代と流通代を差し引いた価格で売って欲しいですね。。。最近見ているとipod touch向けの電子書籍って、高くない?と思ってしまっています。

ipad向けであれば、勝手もいいかなと感じますが若干、ipad自体がでかすぎる。。。。。


というのも感じます。

コメントありがとうございます。

>矢向さん
確かにiPadはちょっと大きいかもしれませんね。個人的にはちっちゃすぎるのも画面が見づらい気がするのであれくらいでいいのかなとは思うのですが。
やはりみなさん興味深々なんですね(^^)。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。