スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

消えた日本株推奨が再見。


ゴールドマンサックスが日本株を「安全な避難場所」と位置づけているようです。


日本株に再び脚光、米国投資家が関心=ゴールドマン(ロイター)


当たり前のことですが自分の住んでいる国ですからやっぱり投資資金は集まってほしいなと思いますし、それはうれしいことではあるのですが、


「日本株は面白みには欠けるが、相対的に「安全な避難場所」とみられている。」


という文章を見ればわかるように、まだまだ相対的な魅力のようです。


まあ外人さんが買うのは基本的に「ブルーチップ」と呼ばれる企業群の銘柄なのでしょうから、そう思うのも致し方ないのかなという気がしなくもありません。


しかしちょっと掘り下げて市場を眺めてみれば、結構面白い銘柄は相当数存在していると思います。


少し前まではそれなりに高くても、このギリシャショックを気にがっつり下がってきてくれたものもありますし、中小企業を中心としていいのがあると思うのですけどね。


いつの日かそれが絶対的な魅力になってほしい・・・


と思いましたが、機関投資家とかは世界中の市場を眺めて安いところを見つけて投資するのでしょうから、そんなことはかなり難しいのかな。


そもそも日本株推奨はついこの間大きく買い煽られてあっという間に消えていくという悲しい現象がありましたから、これを読んで


「よし!日本株だ!」


ってなるのは危険なんでしょうね。


これがどこまで行動に現れるのかはよくわかりませんが、とりあえず大口の買いが入る前に良い企業をコツコツ買っていこうと思います。


あ、そういえば以前このような記事を書きましたが、今回のショックは本物でしたね。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
はじめまして。

はじめまして。

田舎のkenさんは、どのような銘柄を購入しているのですか?
また、どのような作戦で銘柄を購入したり、売却したりしているのですか?

がんばって書き続けてください。

コメントありがとうございます。

>naotomoさん
具体的な銘柄を上げることは好みませんが、それ以外の部分で答えさせていただきます。

>>どのような銘柄を購入しているのですか?

基本的に小型成長株を購入しています。これは小型株効果(小型企業のほうがリターンが高くなりやすい)を狙っていること、明らかに市場では小型企業が捨て値で放置されていることがその原因です。
もう少し書くと、為替リスクは基本的に海外株式インデックスでとろうとしているので内需の企業が中心です。
成長株を買っている理由は、放置しやすいこと(笑)、ビッグリターンの王道はやはり成長株であることだと考えているためです。
ですから、
・内需中心で
・一株利益が妥当なスピードで伸び
・PERが低い(できれば成長率以下)
のものを探しています。

>>どのような作戦で銘柄を購入したり、売却したりしているのですか?
購入に関しては、基本的に相全体相場はあまり参考にしません(ただし、騰落レシオを除きます。加えて下げ相場の突っ込み買いは大好きなので無視しているとは言えないかもしれません(笑))。基本的にPERが自分の考える成長率を大きく下回った(大きく、としているのは自分の予測が強気である可能性も考慮しているためです)ら買いに出ます。

売りに関しては成長率をPERが遥かに上回ったら、でしょうか。僕は基本的に成長率が10%以上のものを狙っていますから、PER25~30倍になったら危険水準と考えます。
あとは、高成長が望めなくなったときですね。
>がんばって書き続けてください。
ありがとうございます!

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。