スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

考え方を変えてみる。


太田忠さんのコラムです。


「-5% ルール」の提唱
(IFIS株予想より)


僕は基的にリスク管理というものについては企業状況と自分の企業に対する理解度、それとアセットクラスの分散によっておこなっているので、指値注文は使いません。


インデックスファンドははっきり言って損切りなんて必要ないと思っていますし、成長企業の株価は結構乱降下しやすいわけですから、損切りをしていたらそれこそキリがありません。


長期ででかい波をとろうとする人はそういうリスク管理は不要ですね。


それはさておき、太田さんの「またまた今回も日本市場が最も大きな「とばっちり」を受けて「一人負け」となったことに合点がいかないのは私だけだろうか? 」という発言には僕も賛成です。


暴落というものはそんなものなのでしょうが、ファンダメンタルズ如何に関わらず幅広い銘柄がそれなりのレベルで売られました。


しかし考え方を変えれば、日本株は大きなチャンスを得られやすいということです。


もちろんインデックスがいついつと同じ水準になったという記事なんかはよくありますが、優良企業を買っていればそのときの下値を切り上げて行ってくれる可能性が高いのですから、心配することはありません。


大物狙いで大切なのは


「短期でどこまで下がるか」


ではなく


「長期でどこまで上がるか」


です。もちろん世界に比べて日本株がたたかれるのはいい気がしません。


しかし文句を言っていたところで現状が変わるわけではありませんので、不利な条件を有利な条件に変えられるようにはどうしたらよいかをしっかり考えながら投資を行っていきたいと考えています。


それにしてもこのコラムの最初の文章、なんだか詩的(?)ですね。


「相場動向に関係なく、凡人天才に関係なく、貧富の差に関係なく、そしてあらゆる生物に平等に、時間は宇宙の存在すべてに対して顔色ひとつ変えずに同じペースで過ぎてゆく。楽しい、苦しい、うれしい、愉快、つらい等々の当事者たちの感情に関係なく、だ。 」


ま、相場に負けず僕もマイペースで行くとします。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

>インデックスファンドははっきり言って損切りなんて必要ないと思っていますし、
>長期ででかい波をとろうとする人はそういうリスク管理は不要ですね。

同感です。。インデックスの場合は損切りよりも溜めておいたキャッシュポジで買い増しですよね。株価(債券も)は長い目で見れば上がる。

火星人の襲来でもない限りですが

∬( °o゜)∬

コメントありがとうございます。

>Tansney Gohnさん
>>インデックスの場合は損切りよりも溜めておいたキャッシュポジで買い増しですよね。株価(債券も)は長い目で見れば上がる。

ほんとにおっしゃるとおりだと思います。

火星人の襲来・・・思わず噴出してしまいました(笑)。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。