スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

リスクの読み違え。


ヘッジファンドの位置づけを見直す動きが出てきているようです。


ニュースはこちら。


年金基金のヘッジファンド投資が多様化、債券代替の位置付け修正(ロイター)


僕はヘッジファンドのことについてはよくわからないのですが、債券代替としてヘッジファンドを採用していたのはかなり無理な選択であったように感じます。


確かにヘッジファンドは買いと売りとをうまく組み合わせてどんな相場でもリターンをあげるように調整されているようです。


しかし株式市場や為替が大きく動いたときに巨大なリターンをあげるものがある一方で巨大な損失を出して最悪つぶれてしまうものも出てくる、というのは歴史が繰り返していることです。


ソロスやロバートソンのような名投資家でさえ逃れられなかったのですから、やっぱりそういうものなのでしょうね。


この事実を踏まえると、どう考えても債券投資とリスクを比べたときに同質のものとはならないと思います。


記事にも書かれていますが、ヘッジファンド投資は株式や債券とはまた異なる第五の資産として捉えるのが適当な気がしますね。


ちなみに僕はヘッジファンドに投資するつもりはまったくありません。


リスクをどうやって把握してよいのかよくわからないですし、個人的にはヘッジファンド系の投資はうまく投資先を選ばないとリスクに合ったリターンが得られないような気がしています。


それくらいだったら自分が大まかなリスクを把握できて、かつ中身が良くわかるものの方が安心して投資できますからね。


リスクの捉え方は人それぞれですし、リターンの捉え方もまた人それぞれですが、せめて自分の中でしっかり両者の組み合わせを考えて投資を行っていきたいものです。


それにしてもユーロの動きは半端じゃないですね。少し前はドルがこのくらいの値段だったのに・・・。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。