スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

税金について書いてみる。その2


日を空けてしまってすみません、アップしたつもりだったのですが何を血迷ったか下書き保存をしておりまして期間が空いてしまいました(笑)


ということで前回の記事の続き。


<相続税・贈与税>
これは見直しの余地が大いにあると思います。


僕の曖昧模糊とした記憶では「相続税を納めているのはだいたい10人に1人」だったのですが、「株式十八番」のぐっちさんの記事によればどうやらその記憶は誤りで、10人に0.5人のようです。


国政レベルでベーシック・インカムが議論される日
(株式十八番)


相続税が納める人が非常に少ない理由はいくつかあると思いますが、いくつかをあげてみます。


・小規模宅地等の課税価格の減額(一定要件を満たせば宅地の価額が大幅減額される)
・債務控除(住宅ローンなどの一定の負債、葬式費用が課税価格から控除される)
・生保・退職の非課税(一定枠の範囲内で、生命保険金・退職手当金の課税価格の減額)
・遺産にかかる基礎控除(5千万+1千万×(法定相続人の数)が課税価格から控除される)


おそらくこんなところだと思います。


これを多いと捉えるか少ないと捉えるかは人それぞれですが、ちょっとした(都合よすぎと言われればそれまでですが・・・)ケースを考えて見ます。


死亡した者:父
相続人:妻、子二人の3人
遺産:土地4,000万(240㎡)・家屋800万(双方居住用家屋)、金融資産5,500万、生命保険1,500万(保険料父負担)
費用:葬式費用100万
前提:居住用家屋には妻が住み続け、妻が土地と家屋を取得。相続放棄者なし


このケースでは金融資産をどう分割したとしても納付税額は発生しません。


もちろん納付税額は課税価格の構成によってケースバイケースですが、僕はこの水準くらいでは多少なりとも課税しても良いのではないかと思います。


そのためにはいくつか方法が考えられますが、遺産に係る基礎控除額の引き下げが良いと考えます。


債務控除はストックの純額ベースでの課税を行うために必要ですし、小規模宅地等の減額も納税財源の確保のために必要だと思いますから、これが一番良いのかなと。


こうすればもう少し広く課税することが可能になります。


そもそもこれから高齢者社会が到来し、日本人の平均寿命はかなり長いほうですから、死亡時の財産が減少していくことも予想されますし、その意味でも引き下げは必要だと思います。


税率については遺産に係る基礎控除の引き下げる水準にもよりますが、上げて良いと考えています。


もちろん遺産に係る基礎控除の減額なしでこれを行ってしまうと「金のある者から搾り取る」ということにつながってしまうので、これは前者とのセットで行うべきです。


難しいのは贈与税。相続税だけ上げると、贈与税のほうが相対的に有利になってしまいますから、相続税の存在意義を示すためにも贈与税も上げる必要があります。


しかしうまくお金を社会に回していくためには贈与税を上げず、もしくは引き下げて贈与を促進したほうが良いような気もします。


最近の贈与税の制度はいかに世代間の財産の移転を促進させるかに重点を置いている感がありますので、それを受けて下げた方が良いかもしれませんね。、


・・・難しい。


<その他>
よくわかりませんので意見は差し控えます。ただ、タバコのポイ捨てをする人は絶対にゆるせないのでタバコ税を1000%くらいにしてほしいです(ポイ捨てしない喫煙者の方、スイマセン)(笑)。


まあそれはさておき、僕として副流煙云々の問題もそうですが、ポイ捨ても何とかしてほしいので、今東京で発売されているというカートリッジ式(でしたよね?)の無煙タバコには期待しています。


というわけで、ここまでの意見をまとめると、


法人税→がっつり下げ
所得税→投資関連以外は寄付金税制拡充、税率横ばいもしくは下げ。投資関連は引き上げ+簡素化
相続税→控除額引き下げ+税率上げ
贈与税→わからない(やや下げ姿勢?)



ってことになりました。


これからどうなるかはわかりませんが、注目していきたいです。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

税については完璧な答えはないだろうなと。
ただ、見直し時期にきてるのは確かでしょうね。
でも証券税制は簡素化してほしいなと(笑)
頑張って、所得税で貢献したいです♪

コメントありがとうございます。

>黒色大聖堂管理人さん
証券税制はもっともですね。ほんと税率戻してもいいから簡素化してほしいです・・・。
>>頑張って、所得税で貢献したいです♪
サラリーマンはそうですよね♪あ、もしかして黒色大聖堂管理人さんは投資のほうの所得税ですか(笑)?

No Title

はい。トレードの所得税ですね。サラリーマンの所得と違って、理論上は青天井ですので、貨幣経済の外での利益ですから、きっちり払ってあたり前かなと。
損すれば税金とれらないのだから、それくらいしないと。でもわりと消費に回すので、景気刺激はしてるような?(笑)

コメントありがとうございます。

>黒色大聖堂管理人さん
それはばっちり景気を刺激しているのではないですかね?できればその調子でどんどんどんどん刺激しまくってください・・・(笑)。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。