スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

ドイツは強かった。


今日はフットボールのお話。


ドイツがアルゼンチンを完膚なきまでに叩き潰しました。


イングランドファンの僕としてはドイツが優勝してくれなきゃ困る、という事情があるわけですが、まさかここまでとは・・・。


イングランド戦も「幻のゴール」がなくても明らかにドイツのほうが上回っていたな、と思いましたがアルゼンチン戦でもその力は如何なく発揮されています。


これは勢いなんていいう曖昧なものではなく実力だろうなあ。


しかもドイツの憎らしいところは、「ザ・フットボール」とでも言えるゲームを展開して勝利していること。


具体的には


・壁パス、トラップなど基礎とされる技術を大切にしている

・個が組織を生かし、組織が個を生かす仕組みが出来上がっている(裏を返せば、主役がいなくても勝てるフットボールを展開している)

・チーム全員が良く動く


といったところでしょうか。


日本も含めどのチームも真似できる(そして模範とすべき)フットボールだったと思います。


しかも前線に上がるときはみんなうま~く位置をずらしてあがるんです。


僕はこれを「雨後のたけのこサッカー」と名づけているのですが(笑)、タイミングをずらしていろんな位置から次々と選手が出てきます。


ある意味前線の選手が固まって突っ込んで、パスワークで抜けるアルゼンチンとは対照的だったかもしれませんね。


ノックアウト式のトーナメントですからどこが優勝するかは全くわかりませんが、もしイングランド・アルゼンチン戦のような動きがコンスタントにできるならば、残っているチームの中で優勝に一番近いかもしれないなと思いました。


余談ですが、僕の好きなフットボール漫画「GIANT KILLING」は非常におすすめ(気づけばアニメになっているんですね・・・)です。ドイツは東京ビクトリーの戦い方に近いかな、と感じました。(マニアックなネタですんません・・・)

GIANT KILLING(15) (モーニングKC)GIANT KILLING(15) (モーニングKC)
(2010/05/21)
ツジトモ

商品詳細を見る
Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

他の欧州のドタバタ劇を尻目に安定してますからね。
特にエジルとかミューラーといった若手に、クローゼというベテランがマッチしてる所が良いかなと。

私はドイツが優勝するかなと思います。
でもその前に南アフリカで開催されると、睡眠時間がどんどん削られていきます。
リーグ戦の時は1日3試合とか4試合ありましたが、、観戦してる方はかなり辛かったな~(笑)

コメントありがとうございます。

>にっしーさん
おっしゃるとおり、若手とベテランの融合は絶妙というほかないですね。クリンスマン前監督もそうでしたが、今回のレーウ監督もうまく盛大交代進めますね。ドイツは長期的にも期待できそうです。

睡眠時間は・・・そうですよね(笑)。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。