スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

リターンは二歩くらい先だった。


先日アクティブファンドについての書きましたが、そのときにとあるファンドのことを思い出しました。


そのファンドの名は「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」。


これはマネックスとスパークスとがタッグを組んだ肝いりのプロジェクト(?)で、ずいぶん当時は広告が打たれましたから、記憶に残っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。


こちらも僕の好みの集中投資型のファンドで、現在組み入れ銘柄は17(!)。もっとも純資産は7億弱(7/21現在、ちなみにさわかみファンドは同時点で約2170億)で決して多くはありません。


僕の記憶が正しければこのファンドは当時「時代の半歩先を読んで投資する」をテーマに掲げていて、


「おいおい、ファンドマネージャーならここはずばっと一歩先を読まんかい」


と思ったのですが、冷静に考えてみると、投資で時代の一歩先を読むというのは本当に難しいですし、顧客から意見すると突飛に見える可能性のある「一歩先」に比べればファンドマネージャーも探しやすく、また、顧客も納得しやすい「半歩先」というのはなかなか両者にとってうまい落としどころなのかもしれないなと思った記憶があります。


んで、先月末の上位5銘柄を見てみると


・キーエンス(FA機器など)

・フジシールインターナショナル(シュリンクラベル、ソフトパウチ)

・アシックス(スポーツ用品)

・三菱商事(いろいろ(笑))

・花王(生活用品)


となっています。僕がチェックしていた当初は三菱商事がなく、かわりに美津濃(ミズノ)が入っていましたが、上位はほとんど変わっていないようです。


他にもマニー(医療器具)、ユニ・チャーム(生活用品)、ロート製薬、良品計画(無印)、ミスミグループ本社(FA部品開発など)なども保有しているようですが、ビジネスモデルがわかりやすいものが多く、FAに力を入れているなど面白い目の付け所だなというのがざっと見た感想です。


ここ二年間のパフォーマンスもなかなか立派です。


厳選
(yahooファイナンス、期間2年、日経平均、TOPIXと比較)


これで手数料がかからず、信託報酬がもう少し低く、そして償還日がなければもっと人気が出たと思うのですが・・・(笑)。少々残念です。


事前にリターンなんてわかりませんから、コストが大きな判断材料の一つであることを考えると結構もったいないファンドだなと正直思います。


パフォーマンスはいけてるのになあ・・・。
Home |  Category:投資信託 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。