スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

四季報には危険がいっぱい。


先日久方ぶりに四季報を購入しましたということを書きましたが、さっくりと読み終えました。


今回の四季報はなかなか読み応えがありました。


何てったって1に安くて2に安く3、4を飛ばして5に安かった。


・・・意味不明ですね。でもそれくらい割安だと思われる銘柄がそこら中にごろごろしていました。


TOPIX全体ではさほど割安感は感じない(収益ベース)のですが、個別で見ていくとこんなにも存在したのですね。


やはりそのギャップを見極めるためにもたまに通読しておくのは必要かなと思いました。


こういう場合、読むこと自体は非常に楽しいのですが、「あっちゃこっちゃ目がいっちゃうぞ症候群」には苦しまされました。


「あ、自分が持っているのよりこっちのほうが・・・いや待てよあっちかな・・・いやいやでも自分のが・・・おやっ、こっちにも良さそうなのが・・・」


この闘いは熾烈を極めました。なぜなら向こうは大群(数多くの銘柄)で襲い掛かってくるのに対し、自分は少数銘柄・・・数に圧倒されてしまいます(?)。


しかし自分が調べてきたことを反芻しながら自問自答し、最終的に新規はごくわずかに抑えました。


やはり今まで保有してきた企業とは知識量も違いますし、面倒なので慎重な投資を掲げる僕としては安易な乗り換えはしたくありませんからね。


とか言っておきながらギリシャショック時に少々銘柄を入れ替えたのであまり声を大にしては言えなかったりして・・・。


繰り返しになりますが、やはり国内株式はかなり割安な状態で放置されています。


ここのところポートフォリオの為替比率を引き上げていたのですが、再び下げるかどうか検討してみようと思います。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。