スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

東証大証1部騰落レシオ、120超え。


気がついてみると、東証・大証一部の騰落レシオが120を超えてきました。(データはこちら)


ただ以前このような記事を書きましたが(こちら)、それに書いたとおり少し前の下げ相場では輸出関連がその相場をマイナス方向に大きく引っ張ったようで、インデックスの下げ方の割に騰落レシオは大きく下がりませんでした。


それを考えるとV字回復、とは言えませんが久しぶりの高水準。ギリシャショック前の上げ相場以来ではないでしょうか。まだ市場ごとにある程度差はありますが。


当時の雰囲気を振り返ってみると、あの時は120近くで


「そろそろ一服が」


という雰囲気がありましたが、実際の相場はそれを裏切りすたこらと上昇を続け、気づけば150という大台にのっかり、


「もしかしてこれは本格的な上昇相場の始まりか」


なんて言われるようになったらギリシャショックが起こって激しい調整が入っていました。


こうして見ると投資家が市場を出し抜くどころか市場が投資家を出し抜いているのではないか、という気さえしてきます。


そして僕も若干出し抜かれたことを素直に認めておきます・・・。


今回はどうなるかはよくわかりませんが、おそらく僕の心配はピーター・リンチの言うとおり「一拍遅れの心の準備」(実際暴落がきてからそれに備えてしまい、準備がワンテンポ遅れ、その準備をしている間に次の準備が必要になること)になるのでしょう。


自分にできることというのは非常に限られていますが、だからこそベストを尽くしやすかったりそこに創意工夫の余地が生まれたりしますから、何を受け入れて、何に抵抗していくのかというものをしっかりと見極めながらやっていければと思います。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
なんとなく・・・

あまり、上がってきた感じはしないですけどね、、
騰落レシオが120ですか、、感覚的には100をちょっと超えたくらい?位な感じでした。

コメントありがとうございます。

>矢向さん
僕もあまり実感はありませんね・・・。このレシオと相場水準とを合わせるとコツコツ買われ続けた、ということなのかもしれません。ここ2日で調整は入っていますが、どうなることやら・・・。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。