スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

ETFで債券は身近になったのだろうか。


モーニングスターにこのような記事がありました。


ETF登場で「進化」した債券投資、「個人投資家により身近に」
(モーニングスター)


これはシカゴで開催されたものですので日本について述べられているものではありませんが、日本に目を向けてみると決してそうは言えないと思います。


日本にもMSCIコクサイインデックス連動のETFが登場しましたが、そこまで普及しているわけでもありません。


そもそも取引量がそこそこあるSPDRゴールドシェアでもトラッキングエラーが生じているくらいですし、正直TOPIX連動上場投信以外のETFの信頼性はまだそこまでではないのかなという印象を受けます。


どちらかと言えば債券投資の普及に貢献したのは低コストのインデックスファンドではないでしょうか。


私は債券が身近に感じられるためにもETFのみならず、ぜひとも生債券をネット証券でより手軽に購入できる体制が必要であると感じます。


特に長期クーポン債などはうまく使えば大きな効果をもたらしますし、その辺の整備が待たれますね。


株式は運用の中心であることに変わりはありませんが、債券は場合によってはリターン対リスクを考えたときに株式より効果的になると考えますので、これからも広い目で資産運用というものをとらえていければと思っています。


ゼロクーポン債、手軽に買いたいなあ・・・。
Home |  Category:投資信託 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。