スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

国内債券とキャッシュ。


「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水瀬さんも記事にされていました
が、モーニングスターにこのような記事がありました。


長期分散投資には「必須」の国内債券(モーニングスター)



国内債券は今なお続く金融危機で完全に見直されたアセットでしょうね。


少々ひねくれた見方をすれば、完全に見直されたということがピークが近いということをあらわしているという捉え方もできるのできますけど・・・。


それは置いといて、私自身は日本債券をキャッシュと同義と捉えるかで意見が変わります。


私は株式を中心とした「攻め」を重視している一方で、キャッシュが「守り」の役目と同時に攻めと守りの潤滑油(買い場が来たらスムーズに株式にシフトできる)の役割を果たすと思っているので、MRF以外の日本債券はあまり重要視しておりません。


ただ金融危機を無傷で乗り切ったという実績は確かですし、そこはしっかりと評価をすべきと考えます。


そして同時に人間は近い過去の記憶を重要視してしまう傾向がありますから、その経験を重視してしまうあまり株式のリターンを過小評価してしまわないよう気をつけたいところです。


それにしても、日本債券は金利と債券の関係が感じ取りづらいのがネックですね。


だからこそ、「安定したアセット」という評価を得ているのもまた事実なのですが・・・。


もう少し金利が下がったときに債券が上がるようになれば為替リスクの不安もありませんし、今以上に魅力的なアセットになると思うのは私だけでしょうか?


前回の記事と同じような終わり方になってしまいますが、国内債券のゼロクーポン債、あれば(もちろんリターンはそこそこというのが条件ですが)かなり人気が出そうな予感がします。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。