スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

外債は判断が難しい。


私はネット証券に口座を開いておりますが、そこのHPではちょくちょく外債の情報が出てきます。


例えばマネックス証券で見てみると


トヨタ モーター クレジット コーポレーション 2013年10月満期豪ドル建社債


トヨタ モーター クレジット コーポレーション 2013年10月満期ニュージーランドドル建社債



となっております。


つい最近発売されたのにも関わらずもう完売したということはやはりそれなりに需要はあるのでしょうね。


が・・・私は判断基準が何ともわかりません。何せ通貨のことがわかりませんで。


オーストラリアと言えば今や通貨高の象徴と言っても過言ではない国ですが、それがいつまで続くのかはよくわかりませんし、今の通貨価値に対してこの利回りはリスクに対するリターンがいかばかりなのか想像もつきません。


これが債券の難しいところですよね・・・


私は債券はゼロクーポン債を買いたいですが、それもやはり見極めが難しいと感じますし。


リスクはもちろん債券の方が低いのですが、見極めは株式のほうが簡単なのではないかと少々思ったりします。


やはり今の自分は債券投資についてはインデックスファンドがちょうど良いのかもしれません。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
外債

田舎のKenさん、こんにちは。
じつは私もオーストラリア国債(豪ドル建)もってます。
6%で2017年償還予定。さいきんはそれでも金利が下がったのですが、高金利になるチャンスがあれば残存期間が10年超の長期債券を買い貯めようと思っています。
3年債で5%は悪くはないですが、外貨MMFでも4%程度あるので、それほどよくもないですね。

大手証券使うしかないですよ~

外債は基本?百万通貨単位で売買成立(↓)。1万円から買える日本の個人向け国債みたいのは例外的。つまり、例えば、1米ドル=100円なら1億円単位です。日本の証券会社がNY市場とかからこの金額で仕入れてきて個人投資家が買えるように小さな単位にちぎって売っているのです。
http://d.hatena.ne.jp/zoe1/20070707
問題は中途半端に売れて、日本の証券会社が例えば、55万通貨単位売残りを抱えている状態とかを想像してください。45万通貨単位は個人投資家が保有して利益も損失も個人投資家持ち。残った55万通貨単位はどうなる?中途半端な単位でNY市場で売買できない?債券価格や為替が下がれば、損失は証券会社持ち。たぶん、想像ですが債券保有分(為替も)をショート(売り)にして含み損を抱えないようにしているでしょうね。決算にも関わってきますから。つまり、これらを抱えられるだけの体力(資本金)が必要でしょうね。だからネット証券では種類、本数が少ないし大手を使うのが合理的です。まあ、これらの理由で、その分、債券の値段に”手数料”が上乗せされるのも致し方ありません。因みに豪ドル債券の話では、
http://www.sc.mufg.jp/products/bond/fdb/exist.html
ゼロクーポン債ではなく、ディープ・ディースカウント債で少しだけ利子が出ますが、殆どゼロクーポン債と同じものが豪ドル建て、2020年償還・欧州投資銀行の既発債、売っています。外債買うときは、外貨MMF(円高)→外債購入(債券安)と二段階でやるのが合理的でこのかたもそうしているみたいです(↓)。
http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-657.html
そこに載っている話で外債インデックスは-15%でもゼロクーポン債は±0%、とは興味深い話ですね。因みに、一段式(円から直接、外債購入)でもそれなりに効果あったという話もあります(↓)。
http://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/2008/12/post-a47d.html#comments
為替差損で-25%でも、債券高のほうが効果がデカくて年率7%超で10年間だったようですね。まあ、今、先進国のこの低金利で債券やりどきかは疑問ですが。因みに豪ドルの債券市場を考えると(↓)
http://www.bloomberg.com/markets/rates-bonds/government-bonds/australia/
他の先進国はまだまだ、スティープ、順イールドカーブですが豪ドルのほうは、長短金利差が小さいフラット・イールドが近いですね。さて、これを如何考えるか。長期債、買い時と見るか否か・・・。

自己判断、自己責任で。私は責任、関係ありませんよ。上記、2件の個人投資家さんたちは、結局は事情を知っていて、実際に使っているから実体験で判っている。教科書に書いてあることを読んでるだけの机上の計算(空論?)とは違う。ここは大きいと思いますよ。

ではでは

コメントありがとうございます。

>あつまろさん
あつまろさんはお持ちなのですね。外貨MMFでも4%ですか・・・う~む、確かにそれは魅力的。豪ドルがひと段落ついたらちょっと考えてみたいと思います。

>外債裏事情通さん
私も確かに今は大手証券がベストだと思います。まあ面倒だからネット証券で扱ってほしいな、というお話です。売買単位の問題はありますが。
破壊力は間違いなくゼロクーポン債がぶっちぎっていると思います。だからこそ、手軽に買えるようになってほしいのですけどね・・・。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。