スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

適切なリスク管理。


私は資産運用をする上ではリターンを考えることも大事ですが、まずはリスク管理をするのが大切だと思っています。


リスク管理にはアロケーションごとのポジション管理が基本で、よく年齢が上がるにつれて株式の比率を下げて債券の比率を上げるという方法が取り上げられます。


今のところ私はその方法を採用するつもりはあまりありません。


まったく取り入れない、ということはありませんが、株式と債券比率でリスク管理をするというのはあまり性に合わないところがあるのです。アロケーションを考えるのは好きなのですけどね。


具体的に言えば、国内株式はだんだん「バリュー+高&安定配当+安定的な業績」な企業への投資を増やしていくことになると思いますし、海外株式は新興国から先進国へシフトしていくつもりです。


もちろんライフスタイルの変化があれば意見が変わることもあるかもしれませんが、基本的に私は株式が好きなのでそこを中心に据えていくことになると思います。


株式と債券の比率によるリスク管理は「リスクの量の管理」、私が重視しているのは「リスクの質の管理」と言えるのかも知れません。


どちらが良い悪いということではありません。リスク管理にも様々な方法があると言いたかっただけです。


リスク管理さえしっかり出来ていれば、市場から退場させられることはそうないと思います。


市場にいなければリターンは上げられないわけで、そこに居続けるためにはどうすれば良いかということをしっかりと考えていきたいですね。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

私の場合、年齢が上がるにつれ、株式の比率が上がっている気がします(爆)

退場させられない程度のリスクテイクであれば、どんどんやるべきだと思うようになりました。
サラリーマンとして日頃抑圧されている反動なのかもしれませんが(笑)

コメントありがとうございます。

>ろくすけさん
>>サラリーマンとして日頃抑圧されている反動なのかもしれませんが(笑)

それ、なんとなくわかりますね(笑)。お互い退場しない程度の範囲内でリスクを目いっぱいとっていきましょう♪

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。