スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

GPIF利回りは2四半期ぶりのプラス。


GPIFの前四半期におけるパフォーマンスが公表されたようです。


GPIFの7―9月期運用利回りは+1.53%、2四半期ぶりのプラス(ロイター)


こうして見るとある程度分散しておくのは大事なのかなと思わされますね。ただこの結果はあくまで結果ですから、これを見て「ほらやっぱり外国株式をたくさん買うべきだ」という議論にはなりませんが。


前々四半期は海外株式が一番吹き飛ばしていますからね。


以前から書いていることではありますが、私はこのアロケーションでもかまわないと思っています。


確かに株式の比率をもう少しあげてほしい気もしますが、為替で大きく上下動する日本の特徴を考えるとこれくらいでも仕方が無いのかなという気がしなくもありません。


株式の比率がある程度高めであるのが世界的潮流ではありますが、それがスタンダードだという保証はどこにもありませんし、国の違いを超えて運用のスタンダードを求めるのは少々無理があります。


しかし一方でREITや新興国株式の組み入れる議論はされてしかるべき時期に達していると思いますし、その辺はしっかりと議論していただきたいなと思います。


私としては少なくとも新興国株式はぜひある程度持っていただきたいというのが率直な感想です。


これからどうなっていくかはわかりませんが、私たちの年金がそこで運用されているわけですから、しっかりウォッチしていこうと思います。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

運用資金が巨額なだけにREITクラスへの投資は難しいかもしれませんね。私も新興国株式クラスへの配分は必要だと思っています。

コメントありがとうございます。

>kenzさん
REITは確かにそういう視点も必要ですね・・・。もう少し市場が拡大しないと厳しいのでしょうか。

新興国株式は必要ですよね。何だかんだでうまくリスクとリターンの割合を向上させられそうな気がします。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。