スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

新興国株式、適正比率は?


「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水瀬さんが興味深い記事を紹介してくださいました。


新興国株式比率についての考察記事 (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー)


あなたの新興国株投資、本当に有利?
(日本経済新聞)


なかなかおもしろい記事です。さすがは田村さんですね。


私自身、以前に以下の2つの記事を書かせていただきましたが、今でもその意見は変わっておりません。


成長の罠のワナ。


成長の罠は個別では確実に存在する。


私は新興国株式100%が良いと言っているわけではありません。


私のインデックス
で30年の累積リターングラフを見てみても、新興国株式のリターンが落ちている時期も存在しますからね。


ただ成長の罠を考慮に入れすぎるのもどうなのかなと思っているだけです。


適正比率はまったくわかりませんが、私自身は15%よりは多くても(30%~35%くらいでも)良いのではと感じます。ただし、他のアセットでのリスク調整が必須です。それをやらないとおそらく過大なリスクをとってしまうことになるでしょう。


もちろん「それだったら新興国株式をそんなに比率をとらないでREITとかでリスクをとる方がいい」というご意見なども存在するわけで、結局最終的には「人それぞれ」という結論に落ち着きますね。って当たり前のことですが(笑)。


「攻めと守りがはっきりしたポートフォリオ」と「全体でゆるやかに攻める(又は守る)ポートフォリオ」。皆様はどちらがお好みなのでしょうか。



Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
もうとっくの昔に日本でも起きてますよ!

とかく駄目ダメだめ、と言われている日本株ですが、選べば良いんですよ。S上ファンドのオッサンも、外国株にも投資できるファンドなのに、何故、外国の繁栄を享受できる外国株に投資しないのですか?の問いに、「否、わざわざ、外国株を買わなくても、日本の会社でも海外進出して外国の利益を享受できる銘柄を買えば良いだけ」とか、なんとか答えていましたよね?具体例はコマツ。これなんか、明らかに日本ではなく、資源国、新興国の利益で潤っているはず?
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6301.T&ct=z&t=ay&q=l&l=off&z=m&c1=&c2=&c3=&c4=&x=on&bc=
ここ10年間、N225を”大幅に”アウトパフォームし続けています。3~5百円で仕込んで、大相場で8割かた利確。リーマンショック後、千円台前半で再びオカワリ(汗)。もう2倍超えています。あまり、オカワリし過ぎるとお腹を壊すので腹9分目で止めときます(汗)。

コメントありがとうございます。

>零細個人投資家さん
選べばいい、というのは確かにその通りでしょうね。私が言いたいのは新興国株式でも成長を期待したいなら問題ないのではないか、ということです。
選べる人はそこで稼げる日本企業を選ぶのが手っ取り早いと思います。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。