スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

使える武器を持つ。


経営戦略などを考える際によく「コアコンピタンスは何か」という問いがなされます。


カタカナを使っておりますが、要は「自分が強いのはどの分野か」ということであり、それを生かした組み立てを行っていくことが大きなポイントになります。


もちろん強いというのは絶対的なものではなく、相対的なものです。「うちはこれが得意です!」と言っても周りがそれ以上に得意だったら何にもなりませんからね。


ただ投資の世界においては相対的な強さがさほどなくても結果を残せるのが面白いですね。


例えばスクリーニング投資を見てみると、それに強さはいりません。強いて言えば、それを実行する精神力が上げられるのかもしれませんが。


それでもそれなりのリターンを上げることができるというのは、市場が慢性的に隙を作っている、ということなのでしょう。


それは何箇所もあり、そのつき方は人それぞれです。


ファンダメンタルズという武器で攻める人もいれば、テクニカルで攻める人、インデックスで攻める人もいます。


これに優劣をつけるつもりはありませんが、大切なのは、「強力な武器」を手に入れることではなく、「使いこなせる武器」を手に入れることだと思います。


攻撃力が抜群の武器が合っても、それがあたらなければどうにもなりません。しかし、それに比べて威力が落ちでも当てることが出来れば最終的に勝つことが出来ます。


もちろん強ければそれにこしたことはありませんが、使いこなせるかどうかはその人によりけりです。


背伸びをしすぎず、自分に合っている武器を磨きながら市場で勝負していきたいものですね。




Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
ですね

たしかにそうですね。
わたしもよく同じようなことを考えます。

No Title

使いこなせるには、向いてる向いてないもありますね。
強力でも向いてない武器は使いこなせません。
何か柔道の得意技とか剣道で、どの構えでいくのかみたいで何か楽しいですね。インデックスも他の手法も言われてみれば流派のような気がしてきました。
マスターズは免許皆伝といったところでしょうか(笑)
グレアム流とかね。

コメントありがとうございます。

>あつまろさん
あつまろさんもですか♪やはり個人個人でできることって限度があるでしょうから、自分には何が向いているのかということをしっかりと分析していきたいです。

>黒色大聖堂管理人さん
向き不向きは本当に大きいです。そして私は向いているものがすきだったので幸せだなと感じます。
マスターズは・・・ほんと別格です(笑)

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。