スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

選別が進むかもしれない。


ここ何日かはボラティリティが大きくて何だかなあという相場ですが、新興国株式を除けば市場は案外底堅く推移しています。


日本でも決算ラッシュが始まっていますが、なかなか好業績を持続している企業が多いですね。


そんな中ふと市場を見渡してみると、国内市場はさほど割安感はなくなってきました。


騰落レシオは下がってきたとは言えいまだ120超えをしています。


また、各種指標に目を向けてみると、決して安いといえる水準ではありません。


<PER>

日経平均 16.20倍

東証1部全銘柄   16.82倍

東証2部全銘柄 14.86倍

ジャスダック 15.32倍


(2011/2/4時点)


以前「東証二部はいつまで安いのだろう。」という記事を書きましたが、そのころに比べると二部の相対的な安さも薄れてきています。


このくらいの水準まで来ると、相場全体が上がるのではなく、個別に安いものが買われていく相場に少しずつシフトしていくのかな、とぼんやり考えています。


私は国内市場は個別株運用を行っていますが、だからと言って割合を増やす気はありません。


ただ、今まで以上に市場をアウトパフォームできるチャンスが増えるのではないかと考えています。


もちろん自信過剰は大怪我の元ですが、踏む込むときはしっりと踏み込んで運用を行っていこうと思います。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

2部がここまで騰がっているとは驚きです。
天邪鬼なので、そろそろ再び新興国株式を買う準備に
入りたい気もしてきました(笑)

コメントありがとうございます。

>ろくすけさん
私も久しぶりに見て驚きました。それでも個別に見ていけば二部は安いと思いますが、インデックスとしてみるとそうでもないのですね。
新興国は軟調ですね~。月初に一度撤退して私は買戻しのチャンスを狙っています(笑)

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。