スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

「投資の科学」を読みました。


久しぶりに本のレビューです。


投資の科学 あなたが知らないマーケットの不思議な振る舞い投資の科学 あなたが知らないマーケットの不思議な振る舞い
(2007/02/22)
マイケル・J・モーブッシン

商品詳細を見る



最近投資本はあまり読んでいなかったのですが、これはいい本でした。


投資方法を紹介しているわけではありませんが、行動ファイナンスやリターンの分布、成功者の特徴や戦略などについて様々な視点から書かれていてとても面白かったです。


この本を読んでいて思ったのは、やはり投資は「確率」ではなく「期待値」をもとに考えていかなくてはならないなということです。


この本で出てきている例を挙げてみますが、とあるファンドマネージャー率いるチームを個々人に分解して運用させたところ、パフォーマンスのトップはそのマネージャーだったそうです。


しかしそのマネージャーはトップの成績を上げつつも、保有銘柄におけるインデックスを上回った割合はチーム中で最低でした。


これがすべてだ、というつもりはありませんが、大事なのは「何割の確率でヒットを打てるか」ではなく、「ヒットを打てたときどのくらいの長打になるのか」だと思います。


これはファンダメンタルズ・テクニカル派に関わらず、成功した投資家たちは皆意識しています。


ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学
(1994/10)
ピーター リンチ

商品詳細を見る



ザ・タートル 投資家たちの士官学校ザ・タートル 投資家たちの士官学校
(2009/02/11)
マイケル・コベル

商品詳細を見る



ファンダメンタルズ・テクニカルでそれぞれ一冊ずつ上げてみましたが、これらの本ではいずれも「期待値」の重要性についての記述があります。(リンチの場合はそれを主に文章が書かれている部分があるわけではありませんが)


私は主に「損をしないこと」を意識してはいますが、やはりプラスのパフォーマンスには持っていきたいので期待値は意識するようにしています。


もちろん私ごときの腕で想定どおりのリターンが得られることはまずないのですが、「勝率」だけにこだわると痛い目に合いかねない、ということを意識してこれからも運用を行っていくつもりです。


この他にも興味深い情報がたくさん詰まっています。


読んでみて決して損はない一冊だと思いました。
Home |  Category:本のレビュー |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。