スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

個別株スタイルのちょっとした変化。


私が国内株を個別株スタイルにしてそこそこの時間が経過してきたわけですが、投資スタイルは少しずつ変化しています。


今のところ私の持ち株は


1、成長株

2、ネフ株(低PER+高配当+中成長)

3、コストプッシュ対策株


の3つに分かれており、成長株一辺倒だったころとは少し変化しています。


また、以下の点も変わりました。


・ポジションに差をつけなくなった


今までは特に「いける」思った銘柄は個別株の中でも大きなポジションをとっていました。しかし結局株価は期待と理想のギャップで動いていくもので、皆がそう思っていたら意味が無いこと、自分の自信がどこまで当てになるかわからないことを理由に差をつけるのは基本的に止めました。


だからと言って銘柄数をむやみに増やしているわけではなく、銘柄数は6~7銘柄くらいをキープしています。


銘柄数に関しては以前「ボクのマニフェスト。」という記事にも書きましたが、そのときとまったく変わっておりません。このくらいが一番心地よいですね。


・追加買いをあまりしなくなった


これはものぐさな私の性格によることも大きいのですが、買いは一回にまとめるようになりました。昔はなんぴん買いばりばりしていましたが。


もちろん自分の買値が底値なんてことはまあありえないので待つことにメリットはあるのですが、そもそも「自信がないなら買うんじゃない!」って話なのであまり考えずに一気に買ってしまっています。


ですので、相場全体が下げたときは新たな銘柄に目を向けるようにしています。もちろん、それに縛られて銘柄数が増えてきたら問題なので、その際は買い増しを断行します。


その辺はバランスの問題でしょうか。


・実質投資収益率を重視するようになった


実質投資収益率とはネフやリンチが好んだ指標のようで、


(期待成長率+配当利回り)/PER


で、2以上なら魅力的な水準とされています。


以前はPEGレシオ(期待成長率/PER)を重視していましたが、トータルな面から資産運用を考えていくために配当にも目を向けるようにしています。


もっとも私の場合、考えるときの式は



(期待成長率+配当利回り×(1-0.2))/PER


としています。これは配当で税金とられることを加味しているためです。


本当は現状を考えると10%なのですが、厳しく見積もって本来の20%で計算し、これで2以上になるような銘柄をピックアップして投資することにしています。


こうして書いてみると、自分が変わっていっているなあと感じます。


いつも書いているとおり何がベストかなんてわかりませんが、これからもよりベターな方法を模索していければよいと思っています。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

こんばんわ。
kenさんはどんどん進化していってますね。
株式投資の経験を積んで、知識を増やしていくと、投資スタイルも進化していくのだと思います。

僕の場合は、投資スタイルは変わらないんですが、キャッシュポジションが常に高めになりつつあります。怖くて集中投資が出来なくなってきました。苦笑

コメントありがとうございます。

>PEPEさん
私も集中はできないですね~。ただ卵を盛りすぎて襲う悲劇にも注視しなくてはならないと思っているので、そこも同意に強く意識しています。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。