スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

日本に住む、というリスク。


私は投資をする上で、その国のリスク、いわゆる「カントリーリスク」というものをそれなりに重要視していました。


以前「カントリーリスクと分散投資。」という記事にも書いたとおり、私がアセットを海外にも分散しているのは日本企業が魅力的ではないとか銘柄選択に自信がないというわけではなく(あるとは言いませんが)、「地震」というカントリーリスクを重視しているからに他なりません。


私はこの記事の中で、


「もちろん地震が起きないに越したことはありませんし、被害が少ないならそれは非常に嬉しいことではあるのですが。それの期待値を考えるとおそらく大したことはなくなると思いますが、私が住んでいる東北も地震の可能性がありますし、やはり怖いですからね・・・。」


と書いていますが、皮肉にもその4ヵ月後、東北と関東は大震災に見舞われることとなりました。


個別株を選ぶときも、営業地域や本社の位置というのも判断材料の一つとしています。「そんなことをしているのか。くだらないな」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。


もちろん、東北にずっと住んできたものとして、地元宮城の企業などを応援したい気持ちはあるのですが、リスクがでかすぎます。私は仙台で働いていますし、営業エリアは東北であるため、その給与は東北から生まれています。


それを考えると、地震で大きな被害を受け、それに加えて保有資産まで大ダメージを負ってしまったら洒落になりません。すごくシビアなことを書きますが、「応援買い」ができるのはお金と心に余裕があるからこそできるのだと私は考えます。


ですから個別株のうちのいくつかは西に本社や営業地域があったり、世界で稼いでいる企業への投資になっています。


それに加えて海外アセットにも資産を振り分けていたことというのが私が落ち着いて行動できた原因の一つだと思っています。


もちろん大地震が来る可能性は長い目で見ればあまりないことでしょうし、過度に敏感になる必要はないかもしれません。


しかしこのブログで常々書いてきたとおり、私は


「ある程度目を離していても退場しなくて済むようなポジションをとっておく=過度なリスクをとらない」


ということを非常に大事にしています。


それを現実のものとしていくためにはこのようなリスクも考慮していかなればいけないと改めて実感している田舎のKenです。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。