スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

結局運用の肝は・・・。


東北関東大震災以降、銘柄ごとの動きはボラティリティが大きくなってきており、また、動く銘柄もテーマ性を帯びてくるようになっています。


娯楽や自動車系の銘柄はじりじりと売られ、建設関係の銘柄は軒並み大幅高となっています。


おそらくこれから発売される雑誌なんかには「復興関連銘柄」なんてタイトルがでかでかと書かれ、土木建築関係の企業が名を連ねてくることになるのでしょう。


まあ私は建設関係といわれるとなぜか第一カッター興業しか思い浮かばなかったという愚か者ですが(笑)、こんな地味な企業でさえ大きく買われております。


一方の私のPFは建設関係の銘柄はもちろんゼロ。


地味な建設業系の銘柄があれば買いたいな、などと思ったりもするのですが、建設企業の力関係はよくわかりませんし、これだけ激しく動いていると銘柄に無知な自分が突っ込んでいくと、結局はトレーダーの餌食になるだけの気がして投資を控えております。


おそらく探せば魅力的な銘柄はいくつかあると思いますが、今まで通り自分の手を出せる範囲内でやりくりをしていくつもりです。


以前「機関投資家の失敗から学ぶ。」という記事でも書いていますが、


「やってはいけないこと」


というのを決めるのは非常に大事だと思いますし、私の中で


「そのときのテーマにのること」


というのはその1つに入っています。


そのような企業でリターンを上げるのはそういうのがうまい人に任せ、私は今まで通り自分のテリトリーに獲物がひっかかってくるのをじっくり待っていこうと思います。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

第一カッター興業(笑)
私もかつて持っていただけに、ちょっと頭をよぎりましたが、
どうせ騰がっても一時的だろと思い買いませんでした。

やっぱりテーマ株を買うと出口を意識せざるを得ないので、
そこらへんが面倒くさいんですよね。

コメントありがとうございます。

>ろくすけさん
私もテーマ株は出口戦略を考えるのが非常に億劫です。業績以上に売り込まれた企業を探すほうが楽ですし、自分には合っていると感じます。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。