スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

逆張りさんの力。


モーニングスターの記事です。


今回の「危機」でも、ファンドの投資家は日本株への逆張りスタンスを維持
(モーニングスター)


以下一部引用


『過去の日経225連動型への資金流出入をみると、リーマンショック直後の2008年10月には約700億円、11月には約400億円のいずれも純資金流入となっていたことは記憶に新しい。ファンドの投資家の中には、一定の株価水準まで下落、もしくは急落する局面では、「逆張り」の発想で日本株投資を行っている投資家も少なくない。』


(引用終わり)


逆張りってこだわりすぎるとパフォーマンスを落としてしまう(相場に置いていかれてしまう)可能性があるのであまりにこだわりすぎるのもよくないなとは思いますが、やはりここ一番では力を発揮してきますね。


そしてまた、今回の件では外人さんが大いに買い越したそうで、彼らのうまさを感じる相場でもありました。


外人さんは攻め時にはがつがつ来る、というイメージがありますが、時にはそういうアグレッシブさは必要だと思います。


私のような現物買い一辺倒の投資家はいかに安く買うことが出来るか、というのが大きなポイントになりますからね。


もちろん、逆張りは一時的な含み損に耐え、そして切るときにはどんなに含み損があってもきぱっと切る精神力が必要ですが・・・。


ファンダメンタルズが悪化したのに含み損を抱えてずるずるいく、というのが最悪のパターンですからね。うっ・・・トライステージの記憶が蘇ります(笑)。


そんなことはさておき、先の暴落を振り返ってみると今回は日本の応援買いというのがちらほら見られたようですので、それの影響もあるのかもしれません。


大きな調整がないならそれに越したことはありませんが、これからも市場は大きな動きを繰り返します。


そんなときにパニックになってしまわないよう、ある程度のキャッシュポジションを確保しながら買う準備をしておこうと思います。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。