スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

2つのポートフォリオ運用。


私は運用する際の証券会社を2つに分けています。


一方が個別株専用(SBI証券)で、もう一つがインデックスファンド専用(マネックス証券)です。


基本的にそれぞれの証券会社間での資金の移動は行わず、キャッシュポジションはそれぞれの口座の中での割合を考えながら運用を行っています。


つまり「国内株式ポートフリオ」と「インデックスファンドポートフォリオ」の2つを運用しているイメージです。


はっきり言って、本来1つのポートフォリオで考えるべきところを2つで考えているわけですから、無駄な行為をしていると言えます。


しかし私にとってはその「無駄」がないと落ち着いた運用が出来ません。


というのも私は個別株運用が好きですし、国内株については現段階でかなり魅力的だと思っています。ですので、口座間での資金移動を許してしまうとどんどんそちらに資金が流れてしまうのです。


しかし私は平凡な人間ですし、銘柄選択が人より優れているわけでもありません。


そんな状態で国内株式の比率を上げすぎるわけにもいきませんから、少々の無駄をとってでもそれ以上のリスクを減らしているわけです。


やはり個別株で運用しているアセットとインデックスファンドで運用しているアセットを比較するのは難しいものがありますし、じっくり見ていけば魅力的なものが見つかる分やはり前者に偏りがちになってしまいます。


いつも書いていることの繰返しになってしまいますが、運用で大事なのは「自分がとれるリスク」というものをしっかりと見極めた上で、それを超えるリスクはとらず、一方でとれるリスクは全力でとるということだと思っています。


欲に流されそうになってしまってまだまだだなと思わされることもしょっちゅうですが、少しでも自分の理想に近づいていけるよう、運用面のみならず、メンタル面も引き続き鍛えていくつもりです。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
相互リンク依頼

はじめまして。いつも参考にさせて頂いています。
もしよろしければ相互リンクをお願いできない
でしょうか?
こちらには貼らせて頂きました。
よろしくお願いします。

自分が取れるリスク

ken様はじめまして
「自分が取れるリスクしっかりと見極める」
本当にこの事がとっても大事だと私も思います。

コメントありがとうございます。

>なわたろうさん
ありがとうございます。ブログを読ませていただきながらご検討させていただきますね(^^)

>岩崎ひろみさん
はじめまして。私もリスクを把握するのはとても大切だと思います、市場からはじき出されないことがますは大事ですよね。

No Title

ken様
こんにちは
「市場からはじき出されない」その通りですよね
マーケットに居続ける事これが、簡単な様で一番難しかったりしますね

コメントありがとうございます。

>岩崎ひろみさん
市場にいないとダメージを負うことはありませんが、儲けることもできません。「適切なリスクをとったものには適切なリターンがもたらされると」というのが原則だと思うので、どんなときでもある程度リスクはとっていくつもりです。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。