スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

原点に戻りました。


私は基本的に長期保有を心がけて資産運用を行っていますが、今年に入ってから若干取引が嵩んでいましたので少し反省しています。


私のスタイルにおいてはトレードの回数の多さはスタイルが確立されていないことの表れだと思います。


コストが余計にかかるのはイヤですからね。結果オーライな取引も多かったですが、逆もまた然りですので。


もう少しどっしりと行かなくては、と思うとともに、大事にしている「KISSアプローチ」の重要性をもう一度確認しなくてはらないと感じました。


というわけで、個別株については原点にたちかえって成長株のみのポートフォリオに(結果としてのネフ株になっている銘柄もありますが)、海外アセットも株式クラスに変更しました。


やはり私の場合、選択肢が多いと色々考えてしまってだめです。


と書いていたら、以前書いた「出来ないことを削ぎ落とす。」という記事を思い出しました。こちらもとっても大切にしている考え方です。


自分にできることはあまり無いということを再確認・・・(笑)。だからこそ、手を広げることにではなく、それを磨くことに集中していきたいです。


そして、フィッシャーの言葉も思い出しました。これは個別株に関わらず、投資全般に言えることだと思います。


『できるだけ多くの銘柄を所有するのではなく、最高のものを手に入れることに意識を集中しなければなりません。株式投資の世界では、ありふれた企業の銘柄を少しばかり余計に持っていたところで、少数の最優良株に比べれば、せいぜい粗末な代用品にしかならないのです。』


(『フィッシャーの「超」成長株投資』、フィリップ・フィッシャー著、フォレスト出版)


さ、スタートに戻ってまた地道にやっていくとします。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。