スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

この人はいつもスタンスを変えないですね。

(ロイターより一部引用)
再送:〔09年資産運用のカギ〕インフレ想定し、株は仕込み時期=さわかみ投信 澤上氏
*この記事は15日午後6時24分に送信しました。

 [東京 15日 ロイター] 2009年の資産運用環境は、金融危機の長期化で1年前とは様変わりの様相を見せている。上昇のきっかけを見出せない世界の株価、主要国で進む急速な金利低下とともに意識されるドル急落リスク。世界同時不況の下で資産運用のプロは、市場の先行きをどう読んで運用戦略を描いているのか──。ロイターは資産運用会社の運用担当者4人にインタビューし、09年の動向を探る。    1回目はさわかみ投信、代表取締役の澤上篤人氏。同氏はこれまでの長い運用経験からか、昨年秋以降の金融動乱による相場の下げにも動じていない。むしろ「常に5年先を見据え、そうすることで見えてくる今やるべきことをやるだけだ」とした上で、現状では「将来のインフレを見据え、日本株は投資のチャンスだ」との見方を示した。  投信情報サービス会社トムソン・ロイター・リッパーによると、さわかみ投信の旗艦ファンド「さわかみファンド」 は、08年末残高が1665億8700万円(前年末比34%減)とETFを除く日本株分類で3番目の規模。長期の個人投資家に支えられ資金流入が続いており、08年は約270億円の流入超となった。08年の騰落率は東証株価指数がマイナス41.77%だったのに対し、同ファンドはマイナス42.17%だった。    インタビューの詳細は以下のとおり。    ──2009年の日本の株式市場をどうみるか。    「方向は上。それしかない。長期投資では、まず5年先を推測してみる。どんな社会になるのか、どんな経済状況になるのか。そうすることで今やるべきことがわかるし、それを早くからやっておくことだ」  「世界的にみて現在は確かにひどい状況にある。しかし、これに対し各国政府はかつてない規模の景気対策を打ち出している。(大雑把にいえば)5年もの期間をみれば、どこかでよくなっているとみるのが普通だ。個人的には5年といわず結構早い時期に、年内にもその兆候は出てくるとみている」  「一方でよく考える必要がある。かつてない規模の景気対策を世界各国がとり、5年先に景気が相当回復しているとする。その時にはインフレの足音が聞こえているかもしれない。インフレ方向なら株の評価は上がる。投資をしようと考えるなら、投資ができるなら、今は何が何でも株を買っておかなければならないという状況にあると考えている」    ──有望なセクターや銘柄は。    「基本的にそういう見方はしない。企業はグローバル化しているし、個別企業では経営をみている。例えば足元では大規模なリストラや事業の方向修正などに目が向きがちで、ネガティブな見方しかされていない。しかし、あくまで自分の推測でしかないが、このひどい状況をエクスキューズに、企業がこれまでできなかったこと(例えばリストラや事業縮小など)を思い切ってやっているとしたらどうか。景気が回復した時には、その効果は急激に表れてくる。減収大幅増益もありうるわけだ」  「自分としては企業が部分最適を過度にやり過ぎているとみている。この絞り過ぎた反動はどこかで出てくる。よく考えてみるべきだ。人は何があろうと生活を営んでいる。日本の人口は減少傾向にあるといいながらも、世界の人口は毎年1億人規模で増加していく試算だ。食料は必要だし、エネルギーも必要だ。生活を営んでいく上で物も必要だ。現在は部分最適をやり過ぎで、原材料にしても仕掛在庫にしても、必ず物不足、人不足が起きてくる。こうしたことは全て株価暴騰要因だ」  

(引用終わり)

ん~、このスタンスが個人投資家さんの心を惹きつけるのでしょうね。「常に5年先を見る」というのは実に澤上さんらしい言葉です。


ボクは見ても何も見えないのですが(笑)、「10年位したら少なくとも回復はしているかなあ」くらいは考えています。


とりあえずボク今やるべきことはドルコスト。それ以上でもそれ以下でもありません。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
常に「買い」ですね

何冊も本を出されていますが、内容がいつも一緒なので、立ち読みで済ませています。

ただ、投資人口の裾野を広げるためには、なくてはならない人の一人だと思います。

なんとなく思うのは、、、、、、、、、経済が広がり続けるのを日本を投資立国にって~。。

キャッチフレーズ100点、実力 30点な感じ?キャッチフレーズだけは良いと思います。 さわかみたん

澤上篤人氏が、『株価が下がって損するから持ってる株は売ったよ、テヘッ!』なんて言おうもんならどうなるんでしょうか(笑)

5年先でも10年先でも、やることは変わりないかなと言う感じです。
5年先であれば今よりも投資の額が少しは増えているくらいでしょうか。
いつ底なんて分からないのだから今できる行動をやるだけではないでしょうかね。

さわかみのおっちゃんは、いっつも
『買いじゃあ!ゴキゲンじゃあ!』
で、ゴメンナサイ売り(笑)

ファンド1本の会社の人間が、『今は売り時、控え時』なんて言えるハズもなく・・・

さわかみのおっちゃんのポジショントークは、個人投資家のための長期投資ではなく、さわかみファンドのための長期投資でしかないと思っています。

個人的に不思議に思うのは、彼の考えに共感する人ならファンドではなく個別株で運用を計りそうなものなのに、何でさわかみファンドを買うんだろうって事です。

Kenさん、こんばんわ。

私も前にさわかみファンドの記事を書きました。それに加えて、さわかみファンドは応援したい企業が多すぎて、インデックスファンドと成績があまり変わりがありません。
結局、澤上篤人氏の言葉は、さわかみファンドの宣伝文句なんですよね。

コメントありがとうございます。

>ろくすけさん
確かに「買い」が多いですね。そもそもさわかみファンドが設定されてから過熱感が出てきたのはサブプラ直前くらいだと思います。そのときにしっかり売却を行ったのでしょうかね。ボクはさわかみファンドを所有していないのでなんともいえないのですが。
澤上さんの人柄に惚れた方は多くいらっしゃることと思います。

>矢向さん
>>経済が広がり続けるのを日本を投資立国にって~。。
すみません、どのような意味でしょうか^_^;?
確かに澤上さんは理念先行型、という感はあります。ただ最近は銘柄をかなり絞ってきているようですし、さわかみファンドらしさに期待しています。

>にっしーさん
始めまして。いつも拝見させていただいております(^^ゞ。
そんなことしたら日本の個人投資家の何割かは大泣きでしょうね(笑)。
>>5年先でも10年先でも、やることは変わりないかなと言う感じです。
5年先であれば今よりも投資の額が少しは増えているくらいでしょうか。
いつ底なんて分からないのだから今できる行動をやるだけではないでしょうかね。

本当にその通りだと思います(^^)。

>ウーモンさん
それだけ澤上さんの理念の強さが会社の中で突出している、ということなのかもしれませんね。
さわかみファンドを買われる方が多いのは、その理念を応援したい人が多いからではないでしょうか。

>やすともさん
やすともさんが記事にされていましたが、景気循環に沿った売買の考えをプッシュしつつ実行に移していないのは不思議です。
宣伝文句に聞こえてしまうのもやむを得ないのかも知れませんね^^;。よくも悪くも澤上さんのカリスマ性がさわかみ投信を引っ張っているわけですものね。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。