スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

サラリーパーソンの強み。


ここのところど大体の国の株式市場が軟調な展開を続けており、なかなかもどかしい展開が続いております。


むしろ長期で構えるときはもどかしい展開が大半で、あるとき突然上げ相場がやってきて報われる、ということの方が多い気がしますね。


上げより下げの日数の方が明らかに少ないのはなんだか悲しいものがあります。


じゃあ長期投資をする意味はあるのか、ということになってくるわけですが、それでもこの投資スタイルは成り立っていくから不思議なものです。


むしろ下げを経験しないと上げは得られないわけで、その意味でどっしりスタイルは投資家を試しているといえるのだと思います。


そう考えると、長期投資は簡単じゃないのかもしれませんね。まあ簡単な投資スタイルなんてないのですけど。


ただ試されると言ってもそれは「時間に耐えられるのか」「そこそこの選択をしているのか」ということだけですから、気をつけるべきことはあまり多くありません。


それが難しいと言われてしまえばそれまでですが、「高PERの株を目いっぱい買う」とか「上がったから買う」とか、基本をはずした行動さえ行わなければそれでいいのですから、ある意味シンプルでいいのではないでしょうか。


よく言われることですが、サラリーマンは長期スタイルが合っていると言われます。


やはり「定期的な収入がある」こと、そしてそれにより「待つ時間が十分にとれる」こと、「短期パフォーマンスを求められないこと」は非上に大きな武器ではないでしょうか。


このスタイルが正しいなんていうことはさらさらありません。


ただ、特にサラリーパーソンにとって、ファンダメンタルズやドルコストに基づく長期の投資スタイルというのはセカンドベストにはあげられると思っています。


そしてそれがテクニカルが充満した日本の株式市場に一石を投じてくれることを願わずにはいられない田舎のKenです。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。