スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

単純にPERを見てみる。


今回はタイトルにあるとおり、ざっくりとPERを眺めながら素敵な投資機会が無いかを探っていきます。


まあPERだけじゃ株価は決まらないぞ!と言われてしまいそうですが、やはり目に見える指数というものは大事だと思います。


そしてまた、バリューとしての低PERの側面が超過リターンに結びついている側面も見逃せません。


能書きはこのくらいにして、実際にデータを見てみます。


http://www.capital.co.jp/world_index.pdf


PERが10倍未満の主な国の指数を挙げてみると、


・ハンセンH株

・ブラジルボベスパ

・英国FTSE1000

・ロシアRTS

・フランスCAC40


などが挙げられます。


こうして見ると結構ありますねえ。特にロシアの安さは群を抜いています。ロシアが投資の魅力があるとは言いませんが、他の国への投資に比べればリスクが低い、ということは言えるのだと思います。


海外ETFを買わない限り、1国への投資はアクティブファンドになってしまうのでコストは高くなってしまいますが、メインはインデックスにして、ある国が下がったときはピンポイントで購入、なんていうのも面白いかもしれないですね。


海外への投資が容易になり、リスクの分散が簡単にできるようになりました。


必要最低限はリスクを分散しておくこと、これは資産運用を行っていくための鉄則です。


万が一のことが起きても市場にとどまることのできるよう、これからもリスク管理はしっかりとおこなっていきたいと考えています。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

なかなか世界は割安ですね・・・
まぁー日本企業も僕もPERで判断しちゃっています。

ただ、好財務&売上げ順調な企業限定で。
やはりそう言った前提を素直に大事にしたいと思っています。

コメントありがとうございます。

>かえるさん
私もPERで判断することが多いですね。確かにものすごく単純な指数ですが、そのほうが効果はあがるのではないかのではないかと思います。
これからもお互い頑張りましょう♪

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。