スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

ボラティリティは難しい。


大投資家のソロスさんが引退するようです。


投資家ソロス氏、自身のヘッジファンド外部資金を返還へ(ロイター)


金融規制の影響が大きいとのことですが、こういうのを見ると2つのことを思います。


1、時代は巡るのだということ


2、ボラティリティは毒にも薬にもなるということ


ソロスさんといえば一時飛ぶ鳥も落とす勢いでしたが、最近は苦戦気味だったのですね。どんな人でも常に高パフォーマンスを残せる訳ではないてことなのでしょうね。


確かに特にレバレッジをかけて行う投資家にとってボラティリティの大きい相場は大変かもしれません。大きく落としてしまったら大変なことになりますからね。


ただし現物買いのみならボラティリティの大きさはリターンの源泉にすることも可能だと思います。その辺は考えていくことが多いですね。取り扱いが難しいです。


その辺ことはこちらの本に詳しく書かれています。おすすめです。



バイ・アンド・ホールド時代の終焉 (ウィザード・ブックシリーズ)バイ・アンド・ホールド時代の終焉 (ウィザード・ブックシリーズ)
(2006/03/16)
エド・イースタリング、関本 博英 他

商品詳細を見る
Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。