スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

結局いつも通りの調整だった。


今日も相場は反発しました。底を打ったのかどうかはまだはっきりしませんが、今回の調整もここ1~2年で繰り返してきたパターンであり、そしてセオリーどおりの反発を見せたなと感じます。


今回の調整の前の上げ相場でもこんなことを書いていました。


日経

(yahooファイナンス、期間3ヶ月)


①騰落レシオが行き過ぎる


具体的には120を超えてくる。ただ、120を越えた時点ではまだ過熱感はなく、そこから更に強気相場へ突入する。


②好材料ばかりに目を向けていた市場が突然悪材料を中心に見始める


前から挙がっていた問題になぜか今頃目をつけて株価が調整をはじめる。


③騰落レシオ・平均PBR・長期金利の低下・追加金融政策を機に反発を始める


騰落レシオは具体的には70%以下、PBRは1倍前後が目安になることが多い。


ざっとこんなところでしょうか。


こうして見ると、やはり騰落レシオというのはファンダメンタルズの指標ではありませんが、市場の状態を捉えるのにはぴったりな指標ですね。


他にも信用評価損益率とか色々あるようですが、私はこれが一番わかりやすいです。


もちろん、このパターンにあてはまらない場合も存在しますが、どんな捉え方であれ、ある程度自分の中で理解しやすいサインを作っておくことは重要だと思います。


何度も書いてきていることではありますが、投資で大事なのは大怪我をせずに、複利の効果をフルに生かしきることです。


マーケットを退場してしまわないためにも、その辺はしっかりと考えていきたいですね。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。