スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

「待ち」の姿勢とリスク・リターン。


アメリカの債務問題やギリシャの問題を機に、世界のマネーがリスク資産から逃げ出しています。


多少は底を打った感がありますが、今後はどうなっていくのでしょうか。


まあ正直どちらでもいいことですが、長期視点で投資を行う場合、やることさえやってしまえばあとは基本的に「待ち」の姿勢です。


「待ち」のときは正直うずうずすることもあるのですが、過剰な動きはリターンを減らすもとになりかねません。


当たり前のことですが、リターンは将来もたらされるものなので不確定ですが、コストは取引をした時点で確実に発生するものですから、確定であると言えます。


コストを惜しむあまりファンダメンタルズが悪化している銘柄を塩漬けにするのは非常にばかばかしいことなのでそれをやってはいけません。


ただ、ある意味においてコストの削減はトータルリターンを上げる一番手っ取り早い方法と言えるのではないでしょうか。


それに、私のようなものが銘柄をたくみに乗り換えようなんて試みると、一時期はうまくいくでしょうが、いつか手痛いしっぺ返しをくらい、それまでのリターンがすべて消えてしまうなんてことにもなりかねません。


KISS投資は、「ミドルリスク・ハイリターン」の投資方法です。「ローリスク・ハイリターン」と言えれば格好いいのですが、アロケーションとして株式が中心であることを考えると、ローリスクは難しいかなと思って割り切っています。


一方で、「ハイリスク・ハイリターン」にだけは絶対にしたくありません。そんな投資法はなかなか長期で続けるのが難しいからです。


そのためには、コストを削減したり(過度な売買を控えたり)、そこそこ分散させたりすることが必要になってきます。


市場から退場せずに資産を増やしていくためにも、できる範囲で極力リスクを押さえながら投資を行っていくつもりです。
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。