スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

アセットアロケーションの組み立て方。


今日は妻が友人の結婚式だということで東京へ日帰りで出かけています。


「泣いたらどうしよう~」と言っていましたが、涙もろいあやつのこと、十中八九泣いてくるに違いありません。少年の心に戻ってからかうことにします。


まあそんなくだらない話はさておき。


私は個別銘柄の選択や、投資タイミングなどにはそこそこの注意を払っていますが、同時にアセットアロケーションにも大きな注意を払っています。


ではどんなことに注意を払っているのか。そんな大層なことではないのですが、


・まず株式ありき

・キャッシュポジション(国内債券でも可)は必ずもつ

・為替リスクはある程度とる


ってところでしょうか。


1、まず株式ありき

資産運用の目的は何といっても資産の増大です。過去を見ている限り長期スパンで考えると、株式以上のリターンをもたらしてきたアセットは存在しません。


リスクの問題があるとはいえ、やはり株式が最強です。


どの地域の株式を買うか、どの銘柄を買うかは二の次で、まずは「株式のアロケーションを大きめにする」ということが大切だと思っています。


2、キャッシュポジション(国内債券でも可)は必ずもつ

1で書いたように、株式は資産の増大に一役買ってくれますが、リスクが大きいということはやはり問題です。これを解決してくれるのは、何と言ってもキャッシュポジションだと思います。


下落相場では、キャッシュイズキングと言われるようにポートフォリオの下落に歯止めをかけてくれますし、株式を買うための弾丸の役目も果たしてくれます。


そしてまた、これがあるのとないのとでは、精神的な部分でかなり違いが出てきます。


私は「継続できる投資」というのを非常に大切にしておりますので、精神的な安心感も大切にしたいところです。


3、為替リスクはある程度とる


私は基本的に為替リスクが好きではありません。しかし、投資で確かなことは確かなことが存在しない、ということであり、日本だってどうなるかはわかりません。(私は割と楽観的ですが)


それを考えると、ある程度の為替リスクはとっておく必要があります。


それは株式であっても、債券であってもかまわないと思います。ただ、海外株式は基本的に「株式のリスク+為替のリスク」を負うことになるため、それなりのリスクを覚悟しなくてはいけないと思います。


アセットアロケーションに正解はありません。ただ、信念無きアセットアロケーションはいつか崩れてしまうと思うので、自分のリスク許容度などはきちんと考えておきたいものですね。
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

はじめまして。いつも参考にさせて頂いています。
もしよろしければ相互リンクをお願いできない
でしょうか?
こちらには貼らせて頂きました。
よろしくお願いします。

お勧めは海外積立投資

v-26先進国が成長と債務削減の両立という難しいかじ取りの中で漂流する中、今後の投資に新興国の成長の果実を取り入れる戦略は欠かせません。

かといってやみくもに新興国投信を購入しても、でたらめなポートフォリオが出来上がるだけで、さらにいたずらに為替リスクを負うことになりかねません。

ここにプロの知恵を入れるには、日本では「ラップ口座」を使う手がありますが、どの金融機関の視線も富裕層にしか向いていません。しかも、組成は自社商品が中心です。

ここで有効なのが、海外の著名な保険会社を使う「海外積立投資」です。私はハンサード社の「アスパイア」という商品に投資しています。最低投資単位は月々150ポンド(約2万円)ですから手軽です。

円建ても可能なので、為替リスクとも無縁。しかもこれを世界でも優秀なファンドマネジャーが運用してくれるわけですから、まさに同時に安心を買える「お任せ口座」。

商品や業者選びについては、「みんなの海外投資」に詳しい説明があります。特に合法・違法業者を見分けるチャートは秀逸だと思います(http://www.minkaigai.com/archives/1197)。

世界の相場が低迷する中でも年率10%以上の利回りが可能なことは、過去のパフォーマンスが証明しています。海外のオフショアファンドが、下げ相場にも強いことの証です。

コメントありがとうございます。

>なわたろうさん
ありがとうございます。こちらもじっくり拝見させていただいきますね。

> IEHIROさん
おお、そんなものもあるんですか~。ただ私は中身が見えない資産運用は苦手なので、参考程度に学ばせていただきます。

ただやはり、アメリカの年金基金を見ればわかるように、絶対収益追求型のアセットは必要なのかなーとかんじますね。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。