スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

KISS投資について。


ここらで一つ、自分が実践している投資についてまとめてみたいと思います。大きくは以下の5つに分かれてくるのかなと思います。


1、当たり前にわかることを大切にする


2、どんなときでも判断基準は極力少なく、シンプルにする


3、行動ファイナンスを敵に回さない


4、リターンを上げながら「続けられる」投資が良い投資である


5、プロの裏をいく


例えば1でしたら、「株式のほうが大きなリターンを上げてきた」ということなど、調べなくてもある意味当たり前じゃないか、というものを大切にしていきたいというものです。


5とつながる話でもありますが、アマチュア個人投資家の強みって結構あるものです。


2に関してはこのブログで何回も述べてきました。


相場全体を見るなら


「長短金利・平均PER・平均PBR・騰落レシオ」、


銘柄を見るときは


「割安さ(PER)・収益性(ROAまたはROIC)・事業のわかりやすさ(成長余地の把握のしやすさ)・財務・上方修正の余地)」


を中心に判断を行っていきます。


他にも知っていて役に立つ指標は様々ありますが、情報量とリターンは比例しないため、あえてこのくらいに絞っています。


3については4ともつながる部分でもあるのですが、継続するためには、人間の特性とも言えるべきものを知っておく必要があります。そうでないとときに不合理な判断をしてしまうこともあるのかもしれません。


私はキャッシュポジションを必ずある程度持つようにしていますが、これは自信過剰やプロスペクト理論に対する備えの意味も大きいです。


4はブログでも何でも同じことですが、継続は力なり、です。長く続けられればられるほど、複利の力を大きくすることができるのです。


5については、アマチュア投資家はプロとはリズムが全然違います。それなのに、プロに合わせる必要はありません。むしろ多数のプロの裏をいくことによって大きなリターンを上げることができると考えています。


どれも奇抜なことを書いているわけではありません。むしろ王道であるともいえると思います。


長い目で見れば王道はベストにはなれなくてもベターには十分なりえるものです。そのことを生の相場を通じて書いていければなと考えています。
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

プロの裏を行くというのは実に面白いですね。
ただ、何がプロなのかというのもまたポイントかも。投信なのかシステムトレード部門なのか、、。
システムとレートは結構厄介ですね。こんなに売っていっていいのかよーって思ってしまいそうです。

コメントありがとうございます。

>矢向さん
プロは基本的にファンドとかですかね。その日その日の記事を見ていれば彼らがどこを向いているのかはわかるので、その逆をいく、ということです。市場の逆をいく、という言ってもいいかもしれません。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。