スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

リスクの「質」の重要性。


KISS投資では、まず何より、過度にリスクをとらないことを大切にしています。


最終的には大きなリターンを狙っていくことになりますが、リスクをとりすぎて退場させられてしまっては元も子もないからです。


しかし、そのリスクを抑えるということは、単に株式アセットの割合を減らしたりする「量」の低減だけではありません。


リスクアセットの割合はそのままで、その「質」を調整していく、というのも大事なリスク調整だと思います。


セゾン投信がスパークスの日本株ファンドを投資対象に、資金流入は堅調(ロイター)


以下引用


[東京 22日 ロイター] セゾン投信は「セゾン資産形成の達人ファンド」62005984JP.LPの投資対象に、新たにスパークス・アセット・マネジメントが運用する「スパークス・長期厳選・日本株ファンド<適格機関投資家限定>」を追加した。

 今回追加したスパークス・アセットのファンドは、長期的な視点で企業の財務状況やビジネスの安全性などの分析を行った上で、今後グローバルで活躍が期待できる20程度の銘柄に集中投資を行うファンド。


引用終わり


以前記事で、こんなファンドを紹介しましたが、おそらく文章を読むにこれの機関投資家バージョンではないかと考えられます。


グローバルな視点で投資を行っているので為替リスクはそこそこありそうですが、パフォーマンスは相変わらず立派です。


gennsenn.gif


(yahooファイナンスより、期間2年)


このファンドもある程度集中されていますが、セゾン投信に採用される、ということは、リスクがうまくコントロールされている、ということです。


機関投資家として20銘柄はかなり少ないほうですから、リスクの「量」としてはかなり多いはずです。しかし、「質」でそれをうまく調整しているから採用されたということなんでしょうね。


繰り返しになりますが、「どのくらいリスクをとるか」というだけでなく、「どんなリスクをとるか」というのも大切なことです。


そして「質」のコントロールの向上こそが、リスクとリターンのギャップを高めていくのだと思います。


ミドルリスク・ハイリターンが当ブログの目標ですので、それを実現できるよう、じっくり取り組んでいければと考えています。
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。