スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

個別株はさほど難しくない。


私は投資が資産運用の手段であるとともに、趣味でもあります。そしてその楽しみは個別株で一番感じることができると思っています。


一方でそう感じるのは一部の人であって、大部分の人にとって投資は前者ではありつつも、後者ではないというのが現実なのかもしれません。


もちろん、それ自体を否定する気はまるでないのですが、私は「個別株は難しい」とか「個別株は時間がかかる」というのには異議を唱えたいです。


確かにインデックス投資に比べれば時間がかかることは認めます。それは紛れもない事実です。


しかし、そこまで時間をかけなくても個別株投資はできます。そして、それでインデックスを上回るパフォーマンスを残すことが出来るのです。


そのためには、ひたすらバリューベースで投資先を選別していけば良いのです。私のような株バカの人はそこからファンダメンタルズ分析にのめりこんでいけば良いのでしょう(笑)。


私が「KISS投資について。」という記事でいくつかあげた判断基準を改めて書いてみます。


1、割安さ(PER)


2、収益性(ROAまたはROIC)


3、事業のわかりやすさ(成長余地の把握のしやすさ)


4、財務(キャッシュフロー、ネットキャッシュ)


5、上方修正の余地


これらの判断基準を満たす銘柄を選ぶのはさほど難しくないと思うのですが、いかがでしょうか。むしろ「これでも多い」と思われる方はインデックス投資のほうが良いのかもしれませんね。


どのような運用手法を選べばよいかは人それぞれです。


できることなら少しでもこのブログでその面白さを伝えられると同時に、「個別株は時間がかかる、難しい」という固定観念が取り払えば良いなあなんて考えている田舎のKenです。
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

確かに、ポイントを絞れば個別銘柄が複数あっても
時間がかからないかもしれないですね。

銘柄にほれやすい私には
個別銘柄は一部じゃないと難しそうですが(^_^;)

コメントありがとうございます。

>こうへいさん
私も銘柄にほれ込んでしまうタイプなので、それは気をつけることにしています。自戒の念も込めてって感じですかね。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。