スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

不動産ってどうなのだろう?


今では様々な形の副業があるので状況は違いますが、昔はサラリーマンがお金持ちになるには株か不動産しかない、なんてよく言われたものです。


私もそれは確かにそうかもしれないなと思いますし、将来的にはファイナンシャルフリーダムを手に入れたくて株式投資を行っているわけですが、不動産に関しては個人的に手を出しづらいなと思っています。


もちろんサラリーマンをやっていればローンも組みやすいでしょうから、適していると言えば適しています。加えて株式投資と違い安定したキャッシュインがあるのも大きな強みです。


しかし、不動産を購入するのに躊躇してしまう理由が3つあります。


1、職場と不動産が同一地域に存在すること


不動産を買う以上物件を定期的に見ることができたほうが良いわけですから、ある程度自宅に近い場所を選択したいですが、そうなると自然と職場とも近い距離になってしまいます。


ということはその不動産収入も職場の給料も地域の経済等の影響を受けることになってしまうわけで、何やかんやでリスクが高いのではないかなーと感じてしまうわけです。


2、流動性リスクがないこと


これも大きな問題ですね。株はいくら流動性が無いとは言え、持ちたくなくなったらちょっとずつ売却していくことは可能ですが、不動産は切り売りは無理なので、0か100しかありません。


売りたいときに売れない、というのは大きな問題です。


3、想像以上の支出を迫られる可能性があること


株式投資は信用取引をしない限り、投資金額以上の損失が出ることはありません。それが安心して投資ができる一委員だったりします。


しかし、不動産は修繕などが起これば次々と支出を迫られることになります。


株式だったら耐えられなくなれば売ればいい話ですが、不動産は2の問題がある以上それもできないですし、修繕をしなければ人が入らなくなってしまうわけですから、それもできません。


これらを勘案すると、私は不動産を手に入れるのはなかなか難しいかな、なんて考えてしまいます。もちろん、これらの問題を乗り越えられそうならばまた別ですが。


やっぱり不動産を検討するならREITのインデックスファンドかなと思います。


myインデックスのページによれば、過去20年間で見れば先進国不動産はどのアセットをも上回るリターンを残していますから、検討の価値はあるのかもしれません。


私は基本的に株式プッシュですが、自分は持ち家でもありませんし、ちょっとスパイス的に組み入れるのも面白いかなーとも思います。


やはり投資は考えている時間が一番面白いですね。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。