スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

ファンダメンタルズは機能し続ける。


私は基本的にチャート分析は行わず(根拠もなく、労力に見合う対価が得られないと考えているため)、ファンダメンタルズを重視して投資を行っています。


そのどこを重視するかは人それぞれです。


PER、PBR、ROE、PEG、ROA、ROIC、配当利回り・・・本当に選択肢は様々です。


もちろんそれぞれの指標が機能する時期、しない時期それぞれあると思いますが、いずれの指標もこれからも機能し、インデックスをアウトパフォームし続けるのだと思います。


これらの指標を使い続けるためのポイントは、投資家が我慢し続けることです。


ファンダメンタルズ投資はテクニカル投資と異なり基本長期を見据えて行う場合が多いため、結果がすぐに伴いません。


「これだ!」と思ったときに買ってもそこからずるずる下がること考えられ、テクニカルならばっさり切るところでも持ち続けている、ということもたびたびあります。


しかし逆説的ですが、だからこそ、ファンダメンタルズ投資は機能し続けると思います。


結局短期的には負けることも多いため、結果が出る前にその戦略を手放してしまうこと考えられます。それが逆に採用し続ける投資家にリターンをもたらし続けるのです。


エスクリやクルーズは今でこそ大きく値上がりしていますが、不遇の時代がありました。しかし、結局ファンダメンタルズは機能し、そこで買った投資家に大きなリターンをもたらしました。


エス


クルーズ


(yahooファイナンス、期間2年)


流行の投資法などはありますが、今は市場の規模があまりに大きくなっているため、流行の投資法が市場に及ぼす影響もかなり小さくなっていると想定されます。


つまり、コンスタントに結果が出る可能性が高くなっている、ということです。


機能しない期間があるから機能し続ける、というのは何だか逆説的ですが、これは一つの真実だと思います。


参考記事:常には勝てない、だからこそ。


これからも機能しない時期もある、ということを十分に肝に銘じた上でこれまでどおりの投資を続けていこうと思います。
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。