スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

バリュエーションと利益変化。


よく投資をしていると、「万年割安株」という言葉が出てきて、バリュー株は万年割安株を選んでしまう場合があるから・・・・という文章が出てきます。


万年割安株とはその名の通り、バリューの要素はあるものの、いつまで経っても反応しない株のことで、市場でいつまでも放置されています。


私はアノマリーベースの投資を推奨していますし、自分でもそのような投資を行っているため、バリューの要素はとても大切にしてます。


しかし、こちらの記事に書いたとおり、私はバリューだけでの投資は控えるべきだと思っています。


繰り返しになりますが、株価は市場予想の利益の増加と実際の利益の増加が不一致であるときをきっかけにして大きく動いていきます。


裏を返せば、いくら割安であっても、その株価レベルでの利益予想を会社の実績が超えてこなければ何にもならないのです。


ヤーマン

yahooファイナンス、期間1年


【6630】ヤーマンもバリューの要素はありましたがなかなか上昇を開始せず、実際株価が上がり始めたのは今期の1Qが発表された9月からで、それは市場の予想を超えた増益率を見せたからでした。


ずっとヨコヨコの銘柄やアセットを拾ってしまわないためにも、利益予想の変化と市場予想の差についてはしっかりと考えていくべきだと思っています。


バリューはあくまでギャップを大きくするための道具で、着火材を大きくしているにすぎません。


それがどんなに大きくても、そこに火がつかなければどうしようもないのです。


これからも燃えれば大きいものを探しながらも、同時に火がつく可能性が高いものに絞って投資を行っていければと思っています。
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。