スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

たら・ればの利益・損失と投資。

投資に限ったことではありませんが、行動を起こした後に結果を見てみると、「あれっ?あのとき○○していれば・・・」とか逆に「○○しなければ・・・」なんてことがよくあります。


ここで売ってしまったり、


エスクリ



逆にここで買ってしまったり・・・そのケースは様々です。


FPG.gif


いずれもyahooファイナンス、上はエスクリ、下はFPG


もちろん、逆のケースもあるわけですが、私は


1、上がるものを持っていなかったのはある意味機会損失だが、それは実際の「損失」ではない


2、下がるのを持っていなかったのは実際の「利益」ではない


3、売った(又は)買った後に短期的に上がるか下がるかは大まかに見て半々である


ということを認識することが大切であると思っています。


『誰かが利益を得たということは自分の損失だという考え方は、株式投資では健全な態度とは言えない。事実、そういう考え方はノイローゼ患者を生むだけだ。~(中略)~もしあなたが株式投資から全く手を引いたとして、相場が1日で100ポイント上昇したとする。あなたは眠りから覚めてつぶやく。「1,100億ドル儲け損なった」。こういった考え方がよくないことは、それまで儲け損なったのを取り返そうとばかり、買うべきでない株を買ってしまうことである。それこそが本当に損をするもととなろう。』


(『ピーター・リンチの株で勝つ』、ピーター・リンチ著、ダイヤモンド社)


底で買って、頂点で売れる人なんてこの世には存在しません。問題なのは、どこでうまく折り合いをつけて投資と向き合っていけるかです。


私は、その答えの一つは、「事前のベストを尽くしてあとは結果を待つ」ということだと考えています。


参考記事:ボクがパフォーマンスを調べない理由。


これからもたくさん後悔することがあるでしょうが、それでも大きなリターンを残していけるよう、KISS投資を実践していこうと思っています。
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。