スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

損切りと投資。

ちょこちょこ書いていることではあるのですが、ここで改めて損切りについてまとめて書いていこうと思います。


私は基本的に損切りを行いません。そもそも、KISS投資は「安く買って、高く売る」というのを基本としていますから、下がったからと言って売却するのはその原理に反してしまうのです。


当たり前のことですが、株価が下がるということは、ファンダメンタルズに対して割安になるということですから、買う理由はあれど売る理由は見つかりません。


そしてまた、「株価が下がってしまって不安になってしまうようなものはそもそも買わない」というのも私の中で大事にしている原則です。


基本的に大ダメージを負わないことを主眼にこの投資は組み立てられていますので、市場に比してリスクは低いものとなっています。


それでも耐えられないということは、すなわち自分の投資法に根拠が無いということです。


もちろん自信過剰になってしまっては元も子も無いのですが、自分の投資法を支えているものを自覚して投資をしていく必要は少なからずあると思います。


参考記事:根拠のある投資と精神力。


そのためにも、万全な準備をしていきたいものです。


ただ、ここまで書いておいてなんですが、損切りをすべき場面は2つにあると思います。


1、下方修正などで自分の予想通りにストーリーが進まなくなったことが確認できたとき


2、これ以上マイナスの数字が膨れていくのが見ていられないとき


1はもちろんですが、2も大事なことです。何度も書いていることではありますが、投資は精神力がものをいう世界です。


その根底になっているものが崩れてしまってはポートフォリオ全体が崩れてしまう可能性があります。土砂崩れは一部で止めないといけません。


このようなときは売却を実行するべきでしょう。


参考記事:合理的になるための非合理的なルール。


ただいずれにせよ、単純な損切りと言うのはファンダメンタルズから見ると非合理的なものであると言わざるを得ません。


suta-to.gif


yahooファイナンス、【3092】スタートトゥデイ、期間1年

なるべく損切りをしてしまわないように、慎重な投資を心がけていきたいものですね。
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。