スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

ではいつ動くのか?


私は投資のタイミングや頻度は基本的に、


「いつもいつも動くのではなく、チャンスのときを狙って動き、後は傍観して値上がりするのを待っている」


というものです。


ではいつ動くのか、というお話ですが、これはインデックスの場合と個別株の場合で少々事情が異なります。


まずはインデックス=海外株式についてですが、これは以前から述べているとおり、以下の数字に注意を払ってタイミングを掴んでいます。


1、平均PER

2、平均PBR

3、騰落レシオ(25日)

4、長短金利

5、VIX指数(アメリカ)


どの指数を特に重視している、というのはありません。どれも大体同じように重視しています。あとは新聞やネットの記事などでしょうか。


4の金利については日欧米は長短(欧はユーロのみ)金利、新興国については長期金利を見ています。ただ新興国までデータを拾うのは正直面倒であるため、新聞なんかでざっくりと政策金利をチェックする程度です。


これらを総合的に判断して「いけそうだな」と思ったら買いを仕掛けます。基本的にキャッシュポジションを残しての投資になりますが、動くときは割と大きく動いています。


世界のタイミングについては、以下の記事に書いている通り、だいたい同じだと考えているので同じタイミングで投資しています。


参考記事:世界はつながっている。


もっとも、最近は国内個別株に集中していたため、海外株式は全世界株式インデックスを購入していましたが。


zennsekai.gif


yahoファイナンス、期間1年


個別株の場合はマーケットも見ますが、バリューを中心に見て買いを入れることが多いです。ただ、基本tね気に市場が大きく調整するときはこれらの銘柄もあわせて下落する傾向があります。


なので何だかんだで上記のタイミングと同じになることが多いですね。


この方法が万能だって訳ではありませんが、これらの指数を見て投資をすれば大失敗することは少ないと思います。


動く回数を減らすからこそ、そのタイミングは大事になってきます。


大きなリターンを得るためにも、じっくりと待って投資を行っていきたいものですね。
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。