スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

2011年末のアセットアロケーション。


年1回チェックしているアセットアロケーションについて見てみます。毎年かなり変動があるのですが、今回はこんな感じです。






ちなみに、1年前はこうでした。


1年前


2年前。


2.png


去年下がった国内の株式割合が上がっており、為替リスクがかなり低くなりました。


これは海外株式が云々という問題はもとより、国内株式が魅力的過ぎることが要因です。・・・ってこんな感じのこと去年も言っていたような。


ただそれが立証されるかのように去年のリターンの大半は個別株が叩き出していますから、何も無ければ今年もそうなるのではないかなと感じています。


懸念については昨日の記事に書いたとおりで、いよいよ各市場で軒並み騰落レシオが120を越えてきました。


今までどうなったろうというのを思い返すべく、騰落レシオの高さについて言及した記事の一部を整理してみます。


眠れる獅子のお目覚めか?2010年3月

東証大証1部騰落レシオ、120超え。2010年9月末

更な強気相場へ?2010年11月

選別が進むかもしれない。2011年2月

気がつけば強気相場に突入していた。2011年7月


日経レシオ

騰落レシオの120越えは過熱感こそあるものの、それが号砲にさらなる相場が発生するパターンも多く見受けられます。


それを考えると、もしかしたら今回の上げが短期で見たときの上昇相場の幕開けなのかもしれません。


ただ、いずれのパターンもその後そこそこの規模の調整が待ち構えています。


どこまで引っ張るかはなかなか難しい問題ですが、調子に乗って買いすぎて市場から退場してしまわないよう、今まで通り、成長株と全世界株式に身を委ねながらじっくりと運用を続けていければと思っています。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。