スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

リスクオン相場、来るか。


さて、最近は私が個別株の主戦場としている新興市場が大荒れの中、東証や日経平均は力強い値動きを示しています。


騰落レシオが120を超えた場合は、上昇相場の幕開けになることが多いという記事を過去に書きましたが、今回もどうやらそのパターンに該当しそうです。


参考記事:2011年末のアセットアロケーション。


アメリカを見てみても、ここらが一つの勝負どころかな、という場面を迎えています。


無く


アメリカyahooファイナンス、期間MAX


赤線を引いているのはスタートからのリターン0%ライン(VIXは約18~19)ですが、このラインをコンスタントに下回ってくるようになれば、上昇相場を迎える可能性が高そうです。


となると順番としては、大型株⇒中小株となるでしょうから、私のような投資家は、もう少し我慢しなくてはならないかもしれません。


海外のインデックスはとりあえずそのままでよさそうです。


もちろん、そんなもの来ない可能性もあるのですが。


ただ、ユーロやドルのLIBORが低下しはじめていることを考えると、土壌としてはかなりそちらの方に傾いてきているのかな、という気がします。


問題は私が持っているような銘柄まで上昇のパワーが及ぶかと言うことと、及ぶとしたらそこまで待てるか、ということだけです。


及ばないなら及ばないで買い増しのチャンスでしょうし、業績の確認さえできれば売る必要はなったくない水準ですから、その辺はどっしりと構えていこうと思います。


目指せ、マーク・ライトバウンの回転率ですね。


参考記事:適当な売買回転率とはどのくらいか?
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。