スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

やっぱり店舗系が一番楽。


私はバリューと成長の視点から個別株投資を行っていますが、やはり1番楽チンなのは「店舗系」企業への投資だと思います(「小売」ではありません)。


「店舗系」とはその名の通り、全国各地に店舗を出店していくことで収益の拡大を図っていく、という意味で主に小売なんかが多いですね。


ただ、【2157】コシダカHDのようにサービスを提供している企業もありますから、必ずしもイコールではないです。


店舗系企業が楽な理由はいくつかありますが、以下の点に集約されるでしょう。


1、見るべき点が絞られる。

2、成長性が予測しやすい


1、見るべき点が絞られる


大切なのは既存店売上高、出店ペース、コストコントロールです。それさえ見ておけば、他は少々無視していても事足ります。


2、成長性が予測しやすい


実際に店舗があるということは当たり前ですが、どのエリアに出店しているかが一目瞭然なわけで、それはすなわち成長が止まってきたときの判断が非常に行いやすいということでもあります。


成長が止まる時期を見極めるのも投資家の大きな仕事だと思っていますが、店舗系企業が1番見極めやすいのかなと思っています。


この2つは非常に大きなメリットで、戦略を継続していく上で大きな武器になると考えています。


加えて言えば、このような企業群は比較的(あくまで「比較的」ですが)業績が安定しているということも挙げられるでしょう。


やはり長く持っているためにはそれに見合ったリスクじゃないと割に合わないわけで、その意味で店舗系企業は他の企業群に比べれば良いのかな、とも思います。


実際、私の個別株のポートフォリオの大半は店舗系企業です。これからもこれらの企業を中心にリターンをあげていきたいと考えています。


es.gif
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。