スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

GPIFが不動産へ投資するかも?

GPIFはこれまで株式・債券と伝統的なアセットクラスしか投資してきませんでしたが、不動産についても投資する可能性が出てきました。


これについては水瀬さんが「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」で取り上げてらっしゃいます。(記事はこちら)。


そして記事がもう一つ。
(ロイターより引用)
[東京 5日 ロイター] 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の企画部関係者は、GPIFが2010年度から新たに不動産ファンドに投資する方向で検討に入ったとの一部報道について、「不動産ファンドへの投資を決めた事実はない」と否定した。  


GPIFは「現在2010年度以降の次期基本ポートフォリオのあり方について、幅広い観点から検討を行っているところ」(同関係者)で、不動産ファンドなどオルタナティブ運用についても研究はしているが、方向性は決めていないという。   


5日付日経新聞朝刊は、GPIFが運用リスク分散のために2010年度から不動産ファンドに投資する方向で検討に入ったと伝えた。数百億円から数千億円で投資を始める見通しと報じている。  


厚生労働省は公的年金の財政検証を5年ごとに行っており、2010年度から5年間の予想運用利回りを年内にも決める予定。GPIFはそれに対応する形で次期基本ポートフォリオを決める。


GPIFの川瀬隆弘理事長は、昨年7月のロイター・インベストメント・サミットで、定期的なポートフォリオの見直し時期をにらみ、運用リスクとリターンの改善に役立つようなオルタナティブ投資について慎重に検討していく方針を示した。ただ、GPIFの積立金総額が約150兆円と巨大なため「投資対象の市場規模がどれだけあり、現実に投資が可能かどうかを検討しないといけない」とも述べ、慎重に吟味する考えを示した。

(引用終わり)


どうするかはわかりませんが、不動産というアセットクラスがあの保守的なGPIFの目に留まったということは、それだけ魅力的になってきているということなんでしょうね。


ボクはどうしようかなあ。株式・債券以外のはアセットクラスは未だに抵抗感があります。なんでかはよくわからないんですけどね(・_・;)(笑)


ただ、株式と債券だけよりREITを入れたほうが分散効果が高まる可能性も否定できませんし、少し検討してみたいと思います。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

REITの配当利回り、
高いところでは30%を超えてしまうのも
ありますよ。

住宅専門のREITを
ひそかに狙ってます!

コメントありがとうございます。

>こうへいさん
30%!?それはすごい・・・逆に怖くて手が出せません(笑)。

REITに投資するんですかね?
直接不動産を買い始めていったら、都心はもっと価格が上がってしまうとか無いですかね。。

コメントありがとうございます。

>silencejokerさん
どうなんでしょう?そこまで大掛かりになるんですかね・・・(ーー;)。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。