スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

「政府紙幣」実現を 議連働き掛けへ設立準備会。あぁ、日本はどこへ・・・。

(yahooニュースより引用)
「政府紙幣」など経済対策の新たな財源を探る自民党の「政府紙幣・無利子国債発行を検討する議員連盟」は6日、設立準備会を開いた。

 通常のお札(日銀券)とは別に政府が紙幣を発行する「政府紙幣」には「インフレを招き、財政への信認を失墜させる」など反発もあるが、議連顧問の菅義偉選挙対策副委員長は「従来の発想を超えた100年に1度の対策が必要だ」と強調。大規模な追加経済対策の実施も視野に、今年度中に政府・与党に実現を働きかける方針を確認した。

 また、政府紙幣とともに議連が実現を目指す「無利子国債」は、利子を付けない代わりに、相続税の課税免除の特典を与える仕組み。高齢者や富裕層のニーズが見込め、追加経済対策に伴う財源調達を円滑に進められる利点があるとしている。ただ、「金持ち優遇」との批判も予想され実現性は不透明だ。【赤間清広】

(引用終わり)

確かに100年に一度、とは言いますし、「従来の発想を超えた100年に1度の対策が必要だ」というのも事実かもしれませんが・・・奇をてらったものと従来の発想を超えたものはまた別です。この政策は明らかに前者な気がします。


まして無利子国債・・・そもそも相続税自体がかかるご家庭はあまりありませんし(5000万+法定相続人の数×1000万が課税価格から控除されるため)、今必要な政策なのか、疑問です。


嘆いてばかりいるのは好きではありませんし、それでどうなることでもないのですが、もう少し国民目線で考えてほしいなあと思います。


・・・とゆーかまずは選挙をしてほしいです(^^ゞ(笑)。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

100年に一度と言う表現だからといって
何やっても良い訳ではないと思うのですが。。

相続税がかかる家庭も少ないですし、
富裕層は税金対策とかしっかりできてそうなので
いまやるメリットがよくわかりません。

何かの布石なのかと穿った考えを
持ってしまいますね。

コメントありがとうございます。

>こうへいさん
>>何かの布石なのかと穿った考えを
持ってしまいますね。

ボクもそう思います。この後また何かやろうとしているのでしょうか・・・。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。