スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

持ち家あり=不動産はアセットクラスにいらない?補足

持ち家あり=不動産はアセットクラスにいらない?その1
持ち家あり=不動産はアセットクラスにいらない?その2


の続き、というか補足です。


前回最後に申し上げたとおり、前提つきであれば、持ち家がある方であっても、不動産をアセットクラスに入れてもいいんじゃないか、というお話しをしました。


では、持ち家を売却や賃貸に回そうとしている方はどうなのでしょうか。そのような方は時価を把握する必要があるでしょうし、持ち家の時価を少しでも高く維持出来るようにしておかなければならないと思います。


それはあくまで「売却や賃貸をするまで」そのような努力をするだけであって、それまで実際に不動産をアセットクラスに入れて投資を行うかどうか関係ありません。あくまで将来のためにそのような努力をしているだけです。


あれ・・・(・_・;)?書きながらにして少し結論に変化が出てきました・・・(笑)。もしかして、売却や賃貸を考えている人でもそれを実行に移す前までなら不動産をアセットクラスに入れても問題ないのでは(^^ゞ


要は持ち家を賃貸に出したりする前後で不動産のアセットクラスが大幅に変動しないようにすれば大きな問題は出ないんじゃないかってことです。


ある意味において、持ち家があるかどうかは個人のアセットアロケーションの選好に影響を与えないのかもしれませんね(^^)


(注)これはあくまで田舎のKen個人の私見ですので、あしからず、です。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
違った観点から見た不動産(REITも含め)

REITも含めた不動産を資産運用に組み込むかどうか賛否両論。答えは出ないよね。ところで、バブル期(1980年代後半)みたいに土地を1年後に売っただけで2倍、3倍、投機ではなく、住宅でもオフィースでも倉庫でも”家賃”、”賃貸収入”を得るものと考えた記事があります。安定したインカムゲインを得るものとして。p1、3では外国、p2では日本について。なかなか、興味深い。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20080909/170038/

ついでに問題のアメリカ不動産価格、ケースシラーのデータも。

http://www2.standardandpoors.com/portal/site/sp/en/us/page.topic/indices_csmahp/2,3,4,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0.html

不動産(REIT)記事を書くとき、参考にでも。

ではでは。

コメントありがとうございます。

>Werder Bremenさん
お~、興味深い記事ありがとうございます(^^)途中から会員ではないので見れませんでしたが(笑)、参考になりました。
ちなみにWerder Bremenさんは不動産(REITも含めて)投資をしていらっしゃるのですか(^^)?

>途中から会員ではないので見れませんでしたが(笑)、参考になりました。

同じこと、他の人にも言われたけど、小生も無料会員(無料購読)ですよ。どこかをクリック、カチカチして無料会員登録すれば全ページ、無料で閲覧できますよ。因みに、元ネタは下記HPの

http://www.geocities.jp/takenakausa/index.html
「住宅価格指数/賃料指数と収益還元法計算シート(New!)」

みたいです。因みにREITも買い増し中です。

コメントありがとうございます。

>Werder Bremen さん
みたいですね(^^ゞ早速登録して読みました。この考え方、結構面白いです。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。