スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Comment  |  Trackback

TCR2を買いました。


すいません、今日は投資以外のお話です。


私はもともとアウトドア派で、外で動くのが好きなのですが、なかなか機会もなくて定期的な運動というのはできていませんでした。


その中で目をつけたのが自転車で、「ちょっと高いけどロードバイクとか乗ったら楽しそうだなー」と思っていました。


すると偶然職場の同僚が「俺自転車やりたいな」と言ってきたのでこりゃちょうどいいと思い一緒に自転車ショップに行って店員さんに相談、購入を決意。


決して安い買い物ではないのですがいやはや、間近で見るとどれもめちゃくちゃかっこいい。


迷っている人はお店に来れば必ず買っちゃうんじゃないだろうか、というくらい魅力的な場所でした。


とは言え、やはり最終的にはスペック・デザイン・お財布との相談なわけで、結局台湾のメーカー(と言ってもOEMですが)であるGIANTのTCR2というモデルを購入しました。


TCR2.jpg

(GIANTホームページより)


う~ん、実にかっこいいです。それが今日納車になったのですが、乗り心地は最高。スピード感もたまりません。思わず乗っていてニヤニヤしてしまいます。


1日目にして自転車の世界にはまってしまう人の気持ちが十分にわかってしまいました。良いのか悪いのか・・・。


妻も一目見るなり「格好いい!いいね!」と言ってくれ、一安心。


どちらかといえばインドア派の妻ですが、お互いロードバイクで、とまではいかなくても鶴見辰吾さんのように夫婦で自転車で乗りあうのも楽しそうだな、なんて妄想しています。


鶴見辰吾ブログ
http://www.legon.jp/shingo_tsurumi/


ま、まずは乗りこなせるように時間をちょこちょこ見つけて楽しんで走っていければよいなと思います。


資産運用もスピードつけて進んでいってくれるといいなあ・・・・(笑)
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ろくすけさんとお会いしました。


先日、「ろくすけの長期投資の旅」のろくすけさんとお会いしました。


ろくすけさんとお会いするのはこれで3度目ですが、仙台にいらっしゃるときは連絡をくださって、本当に嬉しいです。


お話は投資の話が中心で、なかなか個別株の話をしないこともあり、個別の話が多かったですね。


とは言え、ろくすけさんとは投資スタイルが似ているため、目をつけている銘柄や保有している銘柄はほとんど変わりません。


若干の差こそあれ、基本的には同じようなところに目をつけて投資を行っています。


この相場ではなかなか割安でも買われないものもあり、先は長いですねーなんで話もしましたが、実際に話をして保有の理由について話していくのはブログ上で会話するのとはまた違った楽しみがあってよいですね。


ブログを書く上でのネタや悩みなんかについても話をして、これまた普段話せないことだったので楽しかったです。


その際、ろくすけさんから「Kenさんのブログは個別銘柄の話題が少ないですね」とのご指摘もいただいたので、もう少し増やそうかなーなんて思っています。


意図的に減らしているわけではないんですが、確かに最近はほとんどありませんでしたので。


まあ私ごときが書いても買いあおりにはなりませんし、ちょこちょこ書いていこうと思います。


ちなみにろくすけさんは、新たな読者層の開拓に励むそうです。


前々回にお会いしたときは女性層を増やしたい、なんてことを仰っていましたが、今回はどの層にスポットをあててくるのか・・・楽しみです。


ろくすけさん、本当にありがとうございました!

Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

ボラティリティは難しい。


大投資家のソロスさんが引退するようです。


投資家ソロス氏、自身のヘッジファンド外部資金を返還へ(ロイター)


金融規制の影響が大きいとのことですが、こういうのを見ると2つのことを思います。


1、時代は巡るのだということ


2、ボラティリティは毒にも薬にもなるということ


ソロスさんといえば一時飛ぶ鳥も落とす勢いでしたが、最近は苦戦気味だったのですね。どんな人でも常に高パフォーマンスを残せる訳ではないてことなのでしょうね。


確かに特にレバレッジをかけて行う投資家にとってボラティリティの大きい相場は大変かもしれません。大きく落としてしまったら大変なことになりますからね。


ただし現物買いのみならボラティリティの大きさはリターンの源泉にすることも可能だと思います。その辺は考えていくことが多いですね。取り扱いが難しいです。


その辺ことはこちらの本に詳しく書かれています。おすすめです。



バイ・アンド・ホールド時代の終焉 (ウィザード・ブックシリーズ)バイ・アンド・ホールド時代の終焉 (ウィザード・ブックシリーズ)
(2006/03/16)
エド・イースタリング、関本 博英 他

商品詳細を見る
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

思わぬ形で登場です。


今日は投資とは関係のないお話です。


先日、ブログを書いていたら、妻が「私もブログに出して欲しい!」と言ってきました。


私としてはなかなかびっくりな出来事で、「どうしたんだろう?」って感じだったんですが・・・


まあ彼女の性格を考えればわからなくもありません(笑)。


んで、どういう形で登場させるか悩んだのですが、私たちは結婚してまだ日が浅く、近々式を挙げる予定があるのですが、その際に似顔絵師さんに書いてもらった絵で登場させるのが良いかなと思いました。


というわけで、本邦初公開(?)、早速登場です。


20110703235552.jpg


ちなみに左が私です。あ、知ってましたか?


直接見たこと無いのにこんなの見せられてもわからないと思いますが、やはりプロの人に書いてもらっただけあってかなり似ています。


・・・こうして見ると、いや、見なくてもなんですが、夫婦そろってたれ目なんですよね・・・。


まさかこんな形で妻のことをブログに書く日が来るとは夢にも思いませんでした。


が、こうした記事も面白いかなと思うので、ネタがあったらまた登場させていただければと思います。


おばかネタで恐縮ですが、まあこんなのも良いでしょうということで生暖かい目で見守ってやってください(^^)。
Home |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

書き続ける、ということ。


今日は投資とは直接関係のないお話です。


最近は仕事がばたばたしていてブログをそこまで更新できていませんが、書き始めてかれこれ3~4年くらいたちます。


飽き性の私としてはこれだけの年月このブログという習慣が定着したというのはすごいことで、自分でも正直「何でこんなに続いたんだろう?」と考えることがあります。


それを考えると、やはり私は書くということが好きだという結論に落ち着きます。


もやもやして考えがまとまらないときでも、文字として記すとそれがはっきりするということが多分にありますし、備忘録にもなります。


もちろん、言葉にしてしまうと失われてしまう表現というのも存在しますし、私はその感覚も大切にしたいと思っています。


しかし、それ以外のことについて文字ほど意見をまとめてくれる味方はいないのではないでしょうか。


そしてまた、願わくは同じような考え方を持っている人と一人でも多く知り合って投資を行っていきたいと思っています。


一度きりの人生、たくさんの通じ合える仲間を作りたいですし、投資もやるなら楽しくやっていきたい、そんな思いがあります。


投資方針は変わっていくかもしれませんが、このことはこれからもブログを続けていくうえで変わらないことでしょう。


少しでも、皆様と通じ合えることを願って、そして自分自身も投資家として、人間として成長していくことを願ってこれからもブログを書き続けていきたいと思う田舎のKenです。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。